今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ニュル・蓮コラ・蛆虫

水ぶくれ、体液ドリンク(微グロ)

ぷちにゅーる「ねぇマスター、作ってやってよ、涙あふれるカクテル、ちゅるっちゅー」という歌の歌詞にぴったりのカクテルが出来上がったみたいなんです。涙や汗と同様、それがしょっぱいものなのか、尿と同様生暖かいものなのか、血や肉となって、また体にリサイクルされていくのか、エコロジーなトリロジー。

韓国で発見された、中国産虫入りチョコ(虫注意)

虫入りそれがもともと、奇食家向け虫入りチョコだったのなら問題はなかったわけだけど、このチョコレートは中国で作られた、有名ブランドのチョコのコピー商品だったということで、チョコにもコピーがあるなんてちょこっとショックとかいうまたダジャレを思いついたことは内緒です。

Poison ivy(ウルシかぶれ)のかぶれ画像(ショッキング)

うるしかぶれアレルギー性接触皮膚炎と言われるPoison ivy(ツタウルシカブレ)にかぶれちゃった人たちの患部画像です。蜘蛛に刺されたのもアレだけど、ウルシも結構きついってことで、前に紹介した画像も何点か入ってたりしてますが、ウルシには十分注意とかいうことで、なんか一度かぶれちゃうと次からかぶれやすくなっちゃうそうです。おだいじに。

メキシコで蜘蛛に噛まれた男の記録(ショッキング)

スパイダーメキシコに旅行にいったついでに蜘蛛にも刺されてきた男が、その刺し傷に関しての記録を画像を交えながら紹介しているそんな動画。ってことでこの時期、メキシコ旅行には十分注意してくださいとのことでした。

ニュルに憧れて・・・(微グロ)

ニュルこの男性、例のあの、蜘蛛に刺された傷口からのニュル動画を見て、激しくニュルってみたかったんだけれども、刺してくれそうな蜘蛛はいないし、粉瘤ができそうな気配もないので、しょうがないから自作自演した模様です。

脂肪腫を家庭の医学でニュルする女性(ショッキング注意)

脂肪腫ネタ元の医学都市伝説さんによると、きちんとしっかり患部を冷やして鎮痛と血管収縮を得た後に、この女性さんが男性の太ももをがっつりナイフで切り裂いて除去っぽいらしい。んでもって粉瘤の場合だと、感染が広がってやっかいなことになるので、安易に手をだしたらダメだということなんだけども、外人さんたちは自分たちでやるのが好きだよねほんとに。

顔面に寄生したウシウマバエの幼虫を取り出す女性(ショッキング)

li,psasa映像のタイトルでは蜘蛛に噛まれたってなってますが、紹介されている他のサイトのコメントには蛆虫を取り出す映像って書いてありました。どっちだろう?どっちにしてもぽっかり穴が開いちゃうんだろうな。顔にも心にも。

水ぶくれをつぶしてみるよ(ブチュ注意)

mibukureこの青年が、大事に育てておいた水ぶくれを潰すそうです。水ぶくれはニュルと違った感覚で「Blister POP」としてやはりYOUTUBEでもたくさん動画があがっています。お国柄なのかどうかはわかりませんが、とにかく見せたいらしいんですあっちの人々の場合には。

黄色いニュルからの逃走(ニュル注意)

黄色形状はいたって普通のニュルなのですが、色がグロリアスに黄色かったわけで、黄色いとやっぱりなんかこう、黄色なんだよなとか思うわけで、そういえば風水的には黄色は金運を呼び込むとかいうのでこれ取っちゃまずくね?とか経済状況を懸念さえしてしまうそんなニュルだったわけなのです。

ドクイトグモの咬み傷(ショッキング注意)

毒雲えと、ほとんどの種類のクモには毒があるそうで、アメリカでは60種類以上のクモによって人間がかまれる事故が起こっているそうなんです。重い症状を引き起こすクモはクロゴケグモとドクイトグモだそうで、で、このサイトはそのドクイトグモに咬まれた人々が情報を共有するために作られたものだそうです。画像を見るにはサイトを開いたら、Surgery, Photos,あたりをクリックしてみればいいんだと思います。

蜘蛛に刺された傷口からのニュル(ショッキング注意)

spider biteどんな種類の蜘蛛なのかはわからないままに、蜘蛛にちくんとされちゃった場合にもそこはニュルの温床になるわけで、一般的なニュルよりもモイスチャー分を多く含んだニュルの開放となっていたわけです。顔面を蜘蛛に刺されるシチュエーションと言えば、前に紹介したあれか?あのベットルームの電灯に潜んでいたアレに近いなにかなのか?

子供の脚から膿を搾り出すオペ(ショッキング注意)

nyuru前にこれの大人バージョンを紹介したことがあるので、多分同様の感染症的な何かによるものなのだと思われます。

ニュル頂上決戦、世界ニュル動画ベスト10

ニュルニュル愛好家の方々は何個かご存知のものも含まれていることとは思いますが、各所でアップされているニュル動画のトップ10をランキング方式にて編集してつなぎ合わせたニュル動画ベスト10なのです。日本産ニュルがランキングされていなかったのは残念でなりませんが次に続くのはそこのあぶらっこいあなたなのかもしれません。

ニュル、中級編(ショッキング注意)

ニュル引き続きニュルの映像、今度のニュルはちょっと大きめなので中級編ということで、んでもってなかなか難儀なニュルなので、きちんと全部除去するまで見届けてあげる勇気が大事なんだと思います。再掲かどうかはもうわかんないくらいニュル見過ぎちゃったんだもん。

はじめてのニュル、初心者編

にゅるできものが出来て盛り上がってきたところでぶっつりにゅるりんこな「ニュル」、外国のお友達が言うところの「ZIT」の世界。これは映像的にも全然綺麗なので、初めてニュル体験する人にも安心してみれちゃうカッテージチーズ感覚。上級者には物足りないかも。物足りないってなんだよって話なんですが。そゆえばこんだけYOuTUBE内でニュル動画流行ってるのに、日本人編見つからないよね。あんのかな?

アンコウの肝から生け捕りしたアニキサス(ショッキング)

anikisasおいしくいただくその前に、アニキサスチェックをしておかないと、大量のアニキサスが逆にあなたの胃の粘膜をおいしくいただいちゃうぞというお話なのでした。

15キロの顔の腫瘍の摘出手術(ショッキング注意)

KAO中国の地元で「エレファントマン」と呼ばれている男の顔面にできた腫瘍の摘出手術画像。31歳になるこの男性は、生まれたときから顔の腫瘍に悩まされていたが、まったくケアをしなかった左側の方の腫瘍が15圓砲發覆蠶砲澆盒く、その重さで背骨が変形してしまったという。いかなる手術にもリスクはつきもので、超音波を通して、大きな血管からの死にいたらしめる出血が確認され、手術は困難を要したという。しかしながら医師団の適切な処置のおかげで無事摘出手術は成功し、現在この男性は回復に向かっているという。

世界最大級のニュル(ショッキング注意)

最強再掲なのかもと思い返しながらも、世界最大と謳われているニュルをたっぷり搾り取ることで、気持ちすっきりしていけばいいんだと思います。

マゴットセラピー治療現場(蛆虫注意)

マゴット糖尿病、皮膚潰瘍などに効果があるとされ、注目されているマゴットセラピー(蛆虫治療)を実際に行っているアメリカの病院でのドキュメンタリー。生まれたての約700匹の蛆虫を使用し、患部にあてがったところ、壊死組織を溶け、傷口が殺菌されたとのこと。(ショッキング注意

体にできた、大量のぶちぶち(ショッキング注意)

ぶちぶちにきびとか吹き出物のレベルを超えた、大量のぶちぶちは、ニュルするにはあまりにもあまりある数値を記録してしまいそうなのです。(ショッキング注意

お腹の中からサナダムシをニュル(ショッキング注意)

kaisenちなみにサナダムシ(広節裂頭条虫)は日本産と欧米産とでは若干異なるそうで、欧米産の奴は、ダイエットにいいという噂がいっとき広まり、モデルなんかもお腹の中に飼っていたとかいう話もありますが、彼がその一派なのかどうかはわからないままに、お腹の中のサナダムシを除去するオペを自宅で行った模様です。

プチプチした生き物たち(メンタルグロ注意)

ぷちぷちネットに落ちていたプチプチしたものを拾ってみたよ。どれもこれもプチプチしやがって、指で押してニュルってしたくなっちゃうに決まってるんだから。エアキャップのぷちぷちなんか目じゃないんだから。

化膿した乳首からのニュル(ショッキング注意)

もにゅ十分に化膿しすぎちゃっているので、無事ニュルれるかどうか心配だったのですが、やっぱり気持ちのよいニュルな結果にはなりませんでした。大変残念です。

腹部にできた140圓竜霏膽鞜腓鮟去する手術(ショッキング注意)

腹1991年、いまだかつてない大手術がカリフォルニアのサンフランシスコ郊外の病院で行われたそうで、これがその当時のオペ映像だそうです。手術に立ち会ったスタッフは12人、女性患者の腹部にできた腫瘍が異常なまでに大きく、なぜここまで放置していたのかはわからないままに、緊急腫瘍摘出手術。6時間後、摘出手術に無事成功。幸いこの腫瘍は悪性のものではなく女性も無事でしたが、切り離されたこの腫瘍の総重量はなんと303ポンド(約140キロ)ということで、新生児(3圈砲砲靴凸46人分。サッカーチームと野球チームを2チームずつ作って補欠要員もできるぐらいの巨大さ加減だったということです。

脇の下からのニュル(ニュル注意)

沸き沸き患部で止まってすぐ溶ける。とか言ってる場合じゃなしに、こうなる前に早め早めの処置をしないと、リンパ腺が集まる脇の下だけはやばいんじゃないかと思います。ニュルじゃなくてサラリとかポタリだし。

毛穴すっきりパック黒のものすごい破壊力(ニュル注意)

毛穴ここまでみごとだと、一生捨てられない一品になりそうで、そのまま×感想、○乾燥させて後世に残すのもありなんだと思います。油分も分泌物もなにもかもがカラカラになりはじめた初老の時期に、過去の栄光に浸ってみればいいんだと思います。そう、ニュルはいつでもあなたの側にいるんだから。
(ニュルグロ注意)

★メンズビオレ 毛穴すっきりパック 黒色タイプ ★

蛆虫を食べる女(ショッキング注意)

蛆虫しかも蛆虫は、床に放置され食べ放題のままのバイキングシステム採用。そのまま食べても踏み潰して食べても料金は一緒なんだからったらったら。

東ヨーロッパで発見された奇妙な皮膚病の男性(ショッキング注意)

skin東ヨーロッパの宣教師が面倒を見ている男性は奇妙な皮膚病を患っていて、その病は彼が14歳の時に手足に発病、患部は徐々に成長していき、ケラチンのようなうろこが突出し、ハリネズミのような状態になるという。この患部は18年間成長を続けており彼は現在36歳。これといった治療法はまだ見つからず、この手足の疾患を除けば、男性は健康状態は良好で、手足以外に広がりを見せる気配はないそうだ。

眼球に寄生した寄生虫の除去(ショッキング注意)

おめめ糸ミミズのような、ニョロニョロに長い奴がお目目の栄養を吸いながらぬくぬくと育っちゃったところをピンセットで除去(ショッキング注意)

足の膿の除去手術(ショッキング注意)

足前回の背中に溜まった膿に引き続き、今回は足の膿の除去手術の現場より。やはり感染症かなにかのようで、大量の膿が。(ショッキング注意

ウサギに巣食ったウマバエの幼虫の除去(ショッキング注意)

うま栄え人間だってそうなように、ウサギさんだって幼虫は宿っちゃうわけで、そんなウサギに住み着いちゃったウマバエ(?)の幼虫を除去する映像なわけなんです。無事排除できてああよかったなのです。(ショッキング注意

背中に宿ったヒトヒフバエの幼虫を現地で直摘出

ヒトヒフバエの幼虫を直摘出前にこれの足バージョンとかなんとかを紹介してましたが、今度の奴は背中でもってオペ現場は太陽の下野外でとかいうシチュエーション。ヒトヒフバエの幼虫は、まず蚊とかダニとか、ヒトや哺乳動物の血を吸う昆虫を捕まえて、そいつの体に卵を産みつけ、そんでもってその昆虫が人や哺乳動物の血を吸うときにお土産に注入する物質に紛れ込んで、我々にしのびこむという仕組みだそうで、哺乳動物の体温のぬくもりを察知するとヒトヒフバエの卵の中の幼虫は、体で感じて直ちに孵化し、人間の皮膚にもぐりこんで皮下組織を生かさず殺さず食べるんだとか。でもってこれがセルライトとかだけを上手に食べてくれるダイエットに役立つ虫なのかどうかは今だ解明されてません。

ぶちって潰してぐんにょり搾り取るPART2(グロ注意)

搾り取る体に溜まった膿的白い例のもの(粉瘤)を、ぶちって潰してぐんにょり搾り取るあの例のぷちぐにょシリーズを体のパート別で改めて見ることで、体内の老廃物的何かは定期的に搾り取っていかないと生きてることに不具合が生じてくるかもしれないんだからほんとにもぅ。
この記事を読む(グロ注意)

膿絞り(グロ注意)

膿絞り一見おっぱいのように見えるかもだけどこれは肘小僧。ほんとに良く似てるんだからまぎらわしいったらありゃしないんだから。膿絞り(うみしぼり)と潮干狩り(しおひがり)ってなんだか似てるよね。似てないですかそうですか。

扁桃腺除去手術(ショッキング注意)

ぐろ

桃腺が腫れても高熱じゃなくて微熱でだらだらと喉が痛いっていう症状の方なんだけど、それで煙草がやめられるかというとやめられないところで、すんごい意思が固いんだと思う。意思が弱いんだともいう。正義と悪が紙一重みたいなもんだね、全然違うけどね。

体内に潜むアニキサスを取り出す映像

アニキサス主に生の魚に生息していると言われているアニキサスという寄生虫。アニサキスは本来、イルカやクジラの回虫で、その腸に寄生しているが、イルカやクジラの便には当然この寄生虫の卵が沢山含まれ、この便を魚が食べ、その魚を人間が食べちゃうもんだから当然人間にも寄生しちゃうわけで、よく「サバ」に当たったなんて言ってる人の場合には、ちょっと怪しんだほうがいいかもなのです。んでこれは、そんなアニサキス幼虫が胃の粘膜にいるところを内視鏡で摘出した時の模様です。

食事する女(グロ注意)

食事食事中に見てはいけない食事する女の献立及び食事シーンは当然のことながら虫が混入されていますので、ダイエットを決意した人のみ見てみればいいんだと思います。

3人に一人がキャリアであると言われている胃の中に住む寄生虫

虫アメリカ人の3人に一人は胃の中に飼っている可能性があるという寄生虫の蠢き具合。既出なのかもだけど、同じパラサイトな生き方をしている人々にとっては見習うべきところがきっとあったりなかったり。で、これがいることによって痩せるというのなら住まわせてあげなくもなくもないと思う食欲の秋。

鼻からミミズ(ジャッカスより)

mimizuこの前の鼻からワサビといい、どうしてこうも外国人は鼻からものを注入したがるんだろう。うどんとか蕎麦とかズルズル音立てて口ですすれない癖にってあ〜だから鼻からすするんだ、なーんだ納得。じゃあ我々日本人としては、奴らの前で小粋に音立ててズルズル啜れば勝ちなんだね、そうだよ勝ちなんだから、だれかミミズをお蕎麦感覚で食べておくれよ。つけ汁ならなんとかするぜ。

ネコパス虫とあの映像のコラボ(ショッキング注意)

ねこばす前に紹介したネコパス虫と、頭に巣食ったあの虫をコラボさせた映像。同一人物の犯行なのかどうかはちょとよくわかんない。

鼻にゅる新感覚(ややグロ)

出てくる戻る新感覚なにが新しいって、出てきたにゅるりん君がまた元の家に戻っていくところなんです。出たり戻ったりちょっと恥ずかしがりやさんなところのある白濁色の憎い奴。さあキミも調教次第でこの技をマスターできるときが来るのかも。来てもどうかと思うけど。

顔を這い回る無数の虫(グロ注意)

kaoいっけん普通の顔面にも潜んでいるであろう虫たちよ。っていうか巣は眉毛?でなんの虫?なんだかとっても痒いなのぅ。

蜘蛛に噛まれて10日間の傷口観察画像(ショッキング注意)

じくじくBrown Recluse spider(褐色イトグモ)に噛まれてから10日間、医者にも行かず傷口がどうなってくるのかをワクワクしながら撮影した記録画像。9日目あたりで医者に行っておくべきだったと思うよ。

【Brown Recluse - spider】
(掲示板よりひとりでできるもんさんたれこみ)

ワンポイント蜘蛛知識:ドクイトグモ類に噛まれた場合、いろいろな症状が発生する。ドクイトグモにかまれても痛みは感じず、噛まれた事も分からない場合が多い。噛まれてから8時間の間に患部が痛みだし、痣のような輪が出来る。殆どの場合、症状はこれで終わり回復するが、まれに水泡・潰瘍などが出来、吐き気や倦怠感が続き、しばらく治らないことがある。ひどい場合は潰瘍が4cmほどにもなり、発熱を伴う。この場合、手術が必要となる場合がある。

自らの手で蛆虫摘出(ショッキング注意)

ウジムシピンセットを使って、自らの足に寄生した蛆虫を無事摘出することができましたともめでたしめでたし。

【蛆虫摘出】
(ショッキング注意、掲示板よりYUJIROさんたれこみ)

蛆虫関連:【蛆虫寄生画像集】
(ショッキング注意、コメント欄より精神ブラクラさんたれこみ)

少女の体の中で繁殖するミミズ(ショッキング注意)

ミミズ女そして新たな女体を求めて今日もミミズはさすらってゆくのでした。皮膚の中に入って蠢く感じが疥癬の亜種っぽい。

【Girls WormS】(海外サイト、ややグロ)

粉瘤(ふんりゅう)背中編(ショッキング注意)

nyuru前回おでき扱いしたものは実は粉瘤(ふんりゅう)であることが賢明な読者の方々により判明したわけなのですが、じゃあもう間違わないように最初から粉瘤扱いしちゃいます背中編なのですが、にゅるにゅるにゅるにゅるねるねるねーるねとかいう言葉で総括してしまうにはあまりあるにゅるにゅるは、切ないくらいに出てくるものだね。

【粉瘤(ふんりゅう)背中編】
(海外サイト、グロちぅ・ミラー

にゅるにゅる関連:
【蜘蛛に刺されたほっぺたからのにゅるにゅる】

お尻に溜まったおできの膿をどんどん出していくよ(ショッキング注意)

おしりまあどんな種類の膿でも膿は膿なのでぎゅうっと搾り出しきった方がいいに決まってるんですが、搾り出したい時にはどうぞ一声かけてあげてくださいパルモとかパルモに。なんなら小鼻周辺でもお引き受けします。

【お尻に溜まった膿をぎぃうっと】
(掲示板よりぞずもさんたれこみんぐ)

鼻のお手入れ(ショッキング注意)

hana取り外し可能な鼻のお手入れ。

【鼻のお手入れ】
(海外サイト、ショッキング注意)

蓮コラ系、蠢く植物ダイジェスト

ハスコラ系植物が蠢くとすごい破壊力を持っちゃうんだもんだから、人間だって負けてらんないよね。

【蓮コラ系、蠢く植物ダイジェスト】
(海外サイト、ややキモグロ)

蓮コラを知らない人の為に:再掲
【蓮の世界】

ニキビとかおできをブチュっとつぶす感覚がたまらなく好きなの

にきびつぶし深くてふかーいフェチの世界には、ニキビとかオデキとか角栓をブチってつぶしてニュルって出すのがもう三度の飯より好きな人とかが存在すると聞きます。かくゆうパルモも毛穴すっきりパックの黒バージョンの登場に血沸き肉踊る思いでしたが、やっぱり直接この爪でグギッっと小鼻を圧縮して押し出すそんな介護があってもいいんじゃないかと思います。ニュルニュルでてきた糸蛇状のものを爪で救い上げ、ティッシュに溜めていく、溜まったものは一気に指でつぶして匂いを嗅ぐという作業を無料奉仕できるのはU-22までとさせていただいております。

【ニュルニュルおでき編】
【中山エミリもニュルニュル】

ニュルプチュ関連:
【ニキビ・角栓・ニュル -画像掲示板-】
(貼ってある画像を拡大するとかなりやばーい)