今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

画像

おヒゲに花を飾りましょう。最新トレンド、「あごヒゲ花男子」

0_e4

 あごひげのもじゃもじゃを生け花の剣山として有効活用。オリジナリティーを生かしながら花を飾ることで、女性のハートをわしずかみんぐ。そんな風流が最新トレンドとして紹介されていました。で、そこのおヒゲのあなた、どうでしょう?

甘美官能、スイーツな女性陶器

no title

 少女時代に思い描いていたおとぎの国のファンタジーが社会とかかわり合うことによって歪んでいってしまった風な演出をしているというアーティスト、ジェシカトーラーさんによる官能陶器だそうです。

ガールフレンドのいない日本人男性が自作したガールフレンドが海外で話題に

1_e7

 その画像は大手画像投稿サイトimgurに投稿され、海外に拡散されていったようで、様々なサイトで取り上げられていました。ということで彼女のいない日本人男性が作り上げた自作彼女のメイキング画像はこちらだそうです。

これが当時のセクシーイケメンポーズ。70年代から80年代、オーストラリアの女性誌が特集した男性ヌード

0_e17_e

 オーストラリアの女性誌「クレオ」が70年代から80年代にグラビア特集した男性たちのヌードなんだそうです。日本でも女性誌では男性ヌードを特集したりなんかしてますので、やはりこのネタは鉄板なのでしょう。

 てことで当時のオージーな女性たちがじゅくっと萌えたイケメンはこんなタイプだったようです。やっぱワイルドの濃いめなテイストが好きなのね。

カピバラとラファエル・ナダル(テニスプレーヤー)はよく似ているらしい比較画像

9_e16

 カピバラとスペインの人気プロテニスプレーヤー、ラファエル・ナダルがとってもよく似ているとして比較画像が紹介されていました。国民的人気という点においてはとても良く似てるんじゃないかと思いますしだんだん似ているように思えてきちゃう不思議感もあります。

全ての日常品にエロスの魂を宿してみた。ジュリアン・マーフィーのタントラ・アート

0_e18

 英国のアーティスト、ジュリアン・マーフィーによるイラストアートは、すべての日常品、身の回りのモノをエロス化したものだそうです。なかなか複雑に接合されてるものもあってエロスの奥深さを感じさせます。

更に加速する。米スーパー、ウォールマートで見かけた困ったちゃん

0_e14

 ウォールマートのカスタマーが突出していることはネット上では知られているところですが、また更に強烈なキャラクターたちが登場していたようです。店内で、あるいは駐車場で、様々な困ったちゃんを見ることができます。

札束ラッシュ!アメリカのストリッパーたちの舞台裏

1_e1

 ストリッパーのパンツやブラジャーなどにチップとして札束を挟む文化が根付いているアメリカでの、ストリッパーたちの舞台裏だそうです。とはいっても1ドル紙幣は100円くらいなわけで、最小紙幣が1000円の日本の場合だとここまで大量には集まらないはず。

猫と綿棒の意外な関係がわかる画像

0_e15

 というかとにかく、ここん家の猫は、綿棒が大好物だったってことなんだと思います。

人体解剖の極み。顔中どんどん穴が開いていくドイツ人男性

00_e

 ドイツ人男性のジュエル・ミグラー(23)は、頬に開いた36ミリメートルの大きな穴がチャームポイント。ここからタンスプリットした舌がちょろっと見え隠れしたりなんかします。

生まれたばかりの赤子を抱きしめ感涙するゲイのカップルに感動の声

1_e27

 フェイスブック上7000以上の「いいね!」がついた感動の写真は、BJバローネとフランキー・ネルソンというゲイカップルが代理母が生んですぐの赤子を感涙にむせびながら抱きしめる写真です。

米テレビドラマ「トゥルーブラッド」のゲイのセックスシーン

no title

 米HBO系列のテレビドラマ「トゥルーブラッド」の時代設定は近未来。日本人の開発した人工血液「トゥルーブラッド」により、ヴァンパイアは人を襲わずに暮らせるようになっていた、そんな時代の超常現象(スーパーナチュラル)ドラマで人気を博しているのですが、アメリカで 6月30日に放送されたエピソード・スポイラーにとてつもなく熱いゲイ・セックスシーンがあったそうで、それがGIF化されて紹介されてましたので、拝見させていただきましょう。

ジクムント・フロイトが提唱したリビドー発達段階における男根期を象徴するかのような子どもたちの描いた絵

0_e19

 心理学者、ジクムント・フロイトによると、「性的エネルギー」(リビドー)が発達を促進させる基本的な力になるという考えに基づいて子供の幼少期には5段階の発達段階があると提唱しました。口唇期・肛門期・ 男根期・潜在期・性器期と、段階を追って性的に成熟していくそうなのですが、まさに男根期とも呼べるのかもしれないし、そうでもないのかもしれない何もかもが息子スティックに見えてしまう、子供達が描いたそんな絵画作品が集められていました。

欧米で流行ってるらしい、ピノキオの鼻が息子スティックだった場合のTatoo

0_e9

 ピノキオの鼻は嘘をつくとびにょーんと伸びてしまいます。そんなピノキオの鼻にインスパイアされちゃった欧米人の場合には、息子スティックを鼻に見立てて陰部に大胆ピノキオTATOOを入れるのがトレンドとなっているようです。

解剖ヴィーナス、18世紀ヨーロッパにおける医療従事者の為の美女人体改造模型

0_e7

 内容物のみならず顔の方もディテールにもこだわった18世紀ヨーロッパで作られていた医療従事者の為の人体解剖模型だそうです。科学とアートの融合とでもいうのでしょうか?まるで生きているかのような妖艶な美しさを放っています。

ますます激しさが加速する、息子スティックケーキ図鑑

0_e0

 前にも一度お送りした企画な息子スティックケーキ。このケーキ、留まるところを知らずさらなる作品が公開されていたようです。エロスはとっくに通り越してグロスとなっております。

ダメなのにイケメン。犯罪者イケメン図鑑

0_e18

 前回、「彼の銃器を握りたい!」としてフェイスブックで大人気となったイケメン犯罪者のジェレミー・ミークスですが、これを発端に、「探せばもっとあるだろ?イケメンがよぉ」ってことで、犯罪者イケメン探しが行われていたようで、結構なイケメンが集まっていたようです。

予期せぬ場所に存在する、息子スティックはいたるところに・・・

no title

 目を凝らしてよく見れば、いたるところにその存在を感じさせてくれる、それが息子スティック、人間を作り出す男生殖器なのです。さあ、探しましょう、今そこにある奇跡を。

男女の交尾シーンを肌色の塗料で塗りつぶしていったら異形生物となった。

0_e12

 フォトアーティストのリック・ギャレットは、男女のまぐわい写真に肌色の染料を塗りこむことで新たなる境地っていうか異形生物を生み出したようです。モザイクかけるとか黒塗りするとかよりもかなりエキセントリックな手法だ。

 通常は見えない部分に妄想がかきたてられて更にボルテージが上がるはずなんだけど、いやこれでも上がる人もいるか。

「3」、あるいは「5」。奇数であることにせつなさを感じる人々の画像

1_e21

 3人集まれば組織の始まり。そこには社会性が求められるわけですが、いかんせんそのうちの2がカップルだったりする場合には残りの1に対しての配慮がまったく見当たらないよ。ってことでいちゃいちゃべろべろしているカップルに挟まれた場合の人々の画像が特集されてました。ただし偶数だからといってそこが安住の地であるかといえばアイドンノウです。

強迫神経症の世界を視覚化したアート作品

2_e0

 ガスの元栓を閉め忘れたんじゃないか?鍵をかけ忘れたんじゃないか?気になってしかたなくて家に戻ってしまう。手を洗っても洗ってもまだ汚れているような気がして何度も洗ってしまう。白線を踏むことができない。キチンとモノが収まっていないと気が済まない。目覚まし時計を何個もかけても起きられないんじゃないかと心配で眠れない。カメラマンのジョン・ウィリアム・ケーディリーは、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう強迫神経症の世界をアート作品で表現したそうです。

クモの様に指の長い「蜘蛛指症」の人々の手

0_e3

 「蜘蛛指症(クモゆび症)」とは、マルファン病(症候群)の人々に出る症状の一種で、クモの足のように細くて長い指のことを言うそうです。とはいえ、くも指自体に診断基準があるわけではなく、このような形をしているからマルファン病候群と断定されるわけでもないそうです。

お尻、見せまっせー!ガールズ

9_e9

 完全にズボンやパンツやビキニを下げてお尻を惜しげもなく見せてくれちゃってるガールズたちの画像だそうです。

挑戦的おしりとおっぱいのある風景

0_e5

 あちらこちらにうっかり落ちてたり、公明の罠だったりもするおしりとおっぱいのある風景画像だそうです。釣られたり釣られなかったりしながら見ていけばいいんだと思います。

2014年ワールドカップ、最もホットなヒゲ選手30人を愛でるの会

0_e5

 ワールドカップ開催中ということで、様々なワールドカップネタが展開されていますが、そこは鍛え抜かれた精錬された選手たちが集まる場所、みんな違ってみんないい!ってことで、「ヒゲ」しばりでのイケメンたち30人がピックアップされてましたので、見てみましょうそうしましょう。

姿勢と表情でここまでかわる!フルヌードで比較する「からだの幻想」

no title

 男女のボランティアモデルにフルヌードになってもらい、グラビアにでてくるような美しい姿勢と表情で撮影したものと、変な姿勢とどんよりした表情で撮影したものを比較するアート・プロジェクトだそうです。

 姿勢と表情だけでここまで変わるのですね。ちょっといろいろ気をつけなくては。

有名なピンナップガールズたちのオリジナル絵

1_e24

 ピンナップガールと呼ばれるイラストのモデルとなった写真だそうです。実際の女性は若干肉付きが良かったようです。

英国テレビドラマの人気俳優、ボビー・ノリスとそのボーイフレンド、ハリー・ダービッジが半分ビキニパンツできゃっきゃうふふ

0_e22

 英国の人気テレビドラマ「The Only Way Is Essex(訳してTowie)」で共演したボビー・ノリスとハリー・ダービッジは現在恋人同士。二人がキスしているところなんかもパパラッチされているわけですが、そんな中、撮影で訪れたスペインのリゾート地で、かつて紹介したあの半分だけのビキニ(mankini )を着用しながら、きゃっきゃうふふしていたそうです。

女性のおっぱいに顔をうずめていいのは女性だけ。モーターボーティング画像特集

0_e6

 女性のおっぱいに顔をうずめる行為をモーターボーティングと呼ぶのだそうです。でもってやっぱ、どうせうずめるなら窒息するレベルのものがいいですよね。ふんだもう。

ここにもいた・・・バービーの相方、ケン人形に憧れて全身整形した男

0_e1

 人間を捨て、人形になりたがっている人々は多く存在するようで、かつてバービー人形の相方、ケンになりたくて90回にもわたる整形手術をした男性の話を紹介したかと思いますが(関連記事)、他にもいたようです。詳細はわかりませんが、こちらの男性、20回に及ぶ全身整形、総額2000万円を費やし、憧れのケンボディーを手に入れたようです。

透けて見えるぜ!パンツが透けて見えている女性の画像特集

0_e4

 そんな季節がついにやってまいりました。今年は白が流行ってるし、シースルーも若干流行っているので、目のやり場に困ることもありそうです。中にはそれでアピールしてたりする場合もあったりしそうです。

ウクライナの女性活動団体「FEMEN」によるプーチン殺害シミュレーション

0_e13

 ご時世的に、ウクライナが拠点であるFEMENがロシアのプーチン大統領に殺意を抱くのはいたしかたない部分もあるのかもしれませんが、その行き場のない殺意をプーチンのダミー人形にぶつけていたようです。

中国のビーフン工場内の作業風景がすごかった

no title

 広東省にある「東莞製粉」と呼ばれるビーフン工場の作業現場がひどすぎるとして中国版ツイッターWEIBOにて話題となっているようです。

特殊部隊の訓練生の身体検査(18+)

0_e3

 軍に入隊する際に施されるという身体検査画像が出回っていました。陰部を入念にチェックされているようです。なんでなのかはちょっとよくわかりません。わかる人は教えてくれるよろし。

血管浮いてます。破裂寸前まで豊胸した女性、BESHINEさんのおっぱいを愛でる会

0_e14

 豊胸っつったって規模が違う。血管浮きまくり、破裂寸前までいれてしまったBESHINEさん。これ飛行機乗ったら気圧的にボハっていきそうだよね。既に開いたエアバッグみたいなことになってるし。

一味違う。浜辺での水着ファッションスナップ in 中国

no title

 中国、中国山東省の青島海岸で流行中だという女性の水着ファッションは、通常のものとはちょっと異なります。かつて紹介したかと思いますが、紫外線から肌を保護するため、数年前から中国で出回り始めたという顔用ビキニ、略して「顔キニ(face-kini)」着用モデルです。(関連記事

 今回、中国人アートディレクター、Peng&Chenさんらが、ファッションスナップ的な写真を公開したそうです。みんながよくやるやつ、この中ならだれが一番、次は?ってやつをやってみればいいんだと思います。どの子なら抱ける?推しメンは誰?

お疲れですね。公共の場所で酔っぱらって泥のように眠る日本の企業戦士たち

1_e4

 海外サイトで特集されていた、日本のビジネスマンたちが酔っぱらって公共の場所でうっかり眠ってしまった姿を映した写真なのだそうです。日本では飲み会も仕事の一つとされており、接待疲れでこうなってしまうと解説されております。また、先進国ではアルコールの消費量は年々減ってきているのに日本は1960年代に比べて60%上昇したとも。

ポール・ロースタンの女体ボディーペイント

0_e5

 フォトグラファーでありボディーペイントアーティストであるポール・ロースタンによるボディーペイントだそうです。動画ではUVペイントでブラックライトで光るコブラを見ることができます。

え?流行ってたの?日本で流行と紹介されていた自撮りヘッドシェイキング

00_e1

 海外サイト各所で紹介されていた、今日本で流行っている自撮りヘッド・シェイキングなのだそうです。撮影中に頭を振ることによって、日本のホラー文化である貞子化することがポイントなのだそうで、若者たちがこぞって頭振ってボケボケ画像を公開しているそうです。

巨乳に大き目の乳首、ベネズエラのマネキントレンド

0_e6

 ベネズエラの女体マネキンは巨乳ぎみ、そして乳首を際立たせる仕様がトレンドになってるっぽいです。このマネキン、日本だとアウトだな。

欧米人よ、これがアジアだ。っていう画像が集められていた

0_e9

 海外サイトにて「アジア」くくりで集められた面白画像。既出のモノも含まれておりますが、総括してこれがアジアなんだそうです。何年も前の画像がタイトルを変えながらぐるぐると周期的にまわっているのですね。一度アップしたらもう終わりなんだよ。グーグルが個人情報リンクの削除の為の窓口を設けたらしいですが画像もだよ。

かつてセクシー・シンボルと呼ばれたセレブのビフォア・アフター画像

0_e32

 DVDの中では、色あせない若さと輝きを保っているので、セレブたちは時を止める魔法が使えるのかと思ってしまいがちですが、実際には我々と一緒で、平等に時が流れているようです。

 てことでかつてのセクシーシンボルとして名高かったセレブたちのビフォア・アフター画像が集められていました。

中国のウォールマートに売られている本家アメリカ人がびっくりするもの

0_e22

 ウォールマートはアメリカ資本の巨大大手スーパーマーケットなわけですが、国が変われば文化も違い、扱っている商品や展示方法、売り方などもその国独自のものが展開されています。

 アメリカのサイトにて、そんな中国版ウォルマートを見てびっくりしたよという画像がいくつかあがっていましたので見ていくことにしましょう。東洋的食文化は日本にも通じるものがあるので、我々の場合には「え?普通じゃん。」ってものもまじってます。

これぞロシア。SNSで披露されていたロシア力の高い人々の写真

0_e1

 社会主義国家だったソビエト連邦がロシア連邦となって13年が過ぎようとしています。資本主義の流れは否応なくロシアを襲い、インターネットも普及。SNSもロシアの人にとって欠かせないツールとなってまいりました。

 そんな中、SNS公開用にと撮影されたロシアの人々の写真が集められていました。ロシア力の高い人々が凝縮されている感じです。ちょっと前までコルホーズ・ソフホーズしていた人とは思えませんが急速な変化によりぎこちない感じなのもまたよしです。

試してみる?アメリカ人が考えた「メガピザ・バーガー」の作り方

7_e0

 ピザとピザで巨大なハンバーグを挟み込むというタイプのカロリー無限大なハンバーガーです。おいしいとかいってるけど試してみる?

あのキャラクターたちをリアルなグロテスク・バイオレンス風に表現。

0_e4

 ちびっ子に人気のあのキャラクターやこのキャラクターをリアルに描写し、そこにグロテスク・バイオレンステイストを付け加えてみた結果こうなったそうです。あ、でも、トイストーリーのバズライトイヤーだけは男前になってるかも。

アメリカってこうですか?典型的なアメリカンっぷりが突出する22枚の画像

0_e6

 アメリカを象徴するものと言えば、星条旗に銃、ふとっちょサイズにベーコン、ピザ。そんな風にさくさくと答えられるわけなのですが、実際にそうみたいで、これぞアメリカっていうアメリカの象徴的なシーンが収められている写真が集められていました。

2人の女の子がベッドでセルフィ(自分撮り)、予期せぬ参入者が現れた場合にこうなった

1_e28

 予期せぬ参入者。それは布団のダニを食べてくれる益虫「クモ」なのですが、突如現れちゃった場合にはそんな概念はぶっとんでしまうようで、写真の方もぶっとんでしまったようです。

マイリー・サイラスの暴走が止まらない。ステージで男性型のダッチドールを弄ぶ

0_e20

 かねてから暴走傾向にあったアメリカの女優であり歌手であるマイリー・サイラスですが、いよいよクライマックスを迎えているようです。自らの運転する車の助手席にダッチドール(空気注入型)を乗せていたのが報道されたのは2012年の12月のことですが、今度は男性版のドールをステージにあげ、あれをくわえたり屠ったり弄んだりと様々な奇行を繰り返していた模様です。

いろいろダメな大人の画像

0_e19

 SNS恐るべしってことで、かつてはサイトからサイトへという流れでじわじわと拡散されていった画像は、今や一気に大量に世界中にばらまかれるようになってまいりました。ってことでいろいろダメでエッチな部分のある拡散画像だそうです。