今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

画像

オタゲーマーの彼女がこんなに可愛いわけがあった。

0_e

 オタクゲーマーと彼女の夜の生活をつづったフォトストーリーなんだそうです。ゲーム強いと女性にもてるってことなんだと思います。うんきっとそう。

右目に宿したスタートレック

1_e5

 映画『スタートレック』の12作目となる、”スター・トレック イントゥ・ダークネス ”は日本での公開は、2013年8月23日となるそうですが、その映画ポスターを、アイメイクにより目に宿したった女性だそうです。なかなかこれはすばらしいので、日本での公開日に、このアイメイクで出かけてみてはいかがでしょうか?

ダークプリンセス:暗殺者として街に潜むディズニープリンセス

0_e36

 ディズニーアニメのプリンセスたちが、あなたをひそかに狙っている。そんな構図を壁に描いたニルソン氏の壁画アートだそうです。いや実際に外の世界はどこに魔の手がひそんでいるかわかりゃしないわけだし、何もないところで転んでいる私はきっとこんなのに狙われていたに違いないんだわ。

また日本やりやがった。おっぱいのみならずお尻までもぷにゅぷにゅ加工を施した、立体抱き枕

0_e37

 日本の二次元と三次元の見事なコンビネーション技が海外に伝播していったようです。広めたのはロケットニュースの海外版なのですが、おっぱいのみならず、お尻部分もシリコンを入れて、ぷにぷにさせた立体抱き枕が、海外サイトに次々と取り上げられていっているようです。

本当にたどり着いたから困る。YES/NOを選ぶだけで自分の出身県がわかる関東方言チャート

no title

 表から、YES,NOを選択し進んでいくだけで出身県がわかるという関東方言チャートだそうです。関東限定なのですが、栃木出身のパルモがやってみたら本当に栃木県にたどり着いたから困る。

大人ビジョンで見ると変な気持ちになってくる子ども向けアニメのワンシーン

0_e32

 純粋無垢な子どもビジョンでみたら、普通のワンシーンだのですが、いろいろ知ってしまった後の大人ビジョンでみたら、ちょっと変な気持ちになってくるかもしれない、そんなアニメのワンシーンを集めたスクリーンショットなのだそうです。大人なのにもかかわらず変な気持ちにならないとかいうのも、それはそれである意味問題だったりなかったりとかもいう?

ヒトラーの象徴的なジェスチャー

0_e19

 Dailymail誌にヒトラーの象徴的なジェスチャーが特集されていました。ヒトラーの専属カメラマン、ハインリッヒ・ホフマン氏によると、ヒトラーは自身のスピーチで、強い指導者としての断固たるイメージを作り上げるため、入念に何度もリハーサルを行ったそうで、これらの写真はその時に撮影したものだそうです。

バービー人形を19歳アメリカ人女性の平均体型に合わせて作り直してみた

no title

 ファッションモデルのスタイルが細すぎて拒食症を助長するとか、一部団体で抗議の対象となっておりますが、そんな流れをうけて、バービー人形もリサイズされたようです。

 とは言えこれは、アーティストであるニコライ・ラムが、アート活動の一環として3Dプリンタを利用して作ったもので、その体系は19歳アメリカ人女性の平均体系に合わせたそうです。

フランス軍が高級ステレオカメラを使用して撮影した第一次世界大戦時の写真を3Dデジタルレンダリング

3_e8

 カナダ、オンタリオ州の不動産屋で偶然発見されたという、当時フランス軍が所持したとみられているヴェラスコープ(Verascope )という高級ステレオカメラには、第一次世界大戦中に撮影されたとされるフィルムが残されていたようで、そのフィルムを使って3Dデジタルレンダリングした画像が公開されていました。

世界、美女兵士トップ10

0_e3

 英タブロイド紙「SUN」が「世界で最も美しい女性兵士がいる国はどこか?」というアンケート調査を行ったそうです。集計結果、上位20ヶ国が発表となりました。もちろん3次元での話かと思ったら2位に架空の国がランクインされていました。映画の中の国です。

新感覚ホラー、ヨーグルトで描いた微弱立体的童話の世界

0_e1

 なんとなく癖になりそうでもあり、不気味な雰囲気を醸し出しているヨーグルトを使って描いたアート作品なのだそうです。ワシントンDCを拠点として活動しているアーティスト、ナタリー・イブギャレットは、ヨーグルトやフルーツソースを利用し、ヘアピンを使って童話の世界に登場するあかずきんちゃんや白雪姫などを大理石でできたテーブルの上に描いたそうです。

世界の麻薬生産の9割を占めると言われているヘロイン大国、アフガニスタンの生産者たち

0_e10

 アフガニスタンは世界の麻薬生産の9割を占めており、タリバンなどの武力派閥が資金源としてケシ栽培に関与しています。アフガン戦争がヘロインの未曾有の大規模生産を引き起こし、その材料となるケシ栽培に携わる国民たちも、簡単に手に入ることから次々と中毒になっていったようです。

 2010年の国連薬物犯罪事務所調べによると、15〜64歳の国民のうち、約100万人がアヘンやヘロインの中毒者だそうで、国民の約8%の人々が麻薬中毒の状態にあることが判明しました。

教師生活40年。米国教師の写真ビフォア・アフター

1_e12

 米国プレストンウッド小学校で1973年から40年間教鞭をとっていたデール・アービー先生は、40年間まったく変わらない姿で、記念写真を撮影していたことで話題となっていました。っていうか服はどうした?まさか40年間同じ服ってわけじゃないよな?大量に同じもの買っておいたのか、それとも仕立てなのかな?

この女性の年齢はいくつ?

0_e9

 とあるアジア女性の年齢が信じられないとして話題となっていました。アジア系女性は西洋系の人よりは若く見えるとはいうものの、そのボディーも劣化している感じは見受けられず、これには驚きを隠せなかったようです。

瓶詰にされた大量の歯

0_e5

 医療従事者のみならず、歯をコレクションしている人っているみたいで、これらの画像は瓶に詰められた大量の歯です。なんでもそうなんだけど1個ずつなら平気でも集合体になることで独特の不気味さがでてくるよな。特に同じ形状のものとかだと。

3Dプリンタがファッションシーンを変える。日本のサブカルチャーにインスパイアされた外骨格のような靴や服

1_e25

 根っこというか骨というか、複雑に絡み合い、もつれ合う造形美。これは3Dプリンタで作られたシューズだそうで、オランダのファッションデザイナー、 Iris van Herpen がファッションショーで披露したもの。 Iris van Herpen は元アレキサンダーマックイーンのデザインチームであり、レディー・ガガの衣装を担当したことで知られています。

女子だってポニーテール萌え。ポニーテールのアスリート男子たちの画像

1_e29

 ということで画像はスイス・バーゼル出身の男子プロテニス選手、ロジャー・フェデラーでございます。ポニーテールをしている女性が好きな男性がいるように、ポニーテールをしている男性に萌える女性も存在するわけなのです。

 海外サイトでは、ポニーテールにした男性アスリートたちの画像が特集されていました。

西洋のトイレに住む神様とかこんな感じらしい

0_e0

 トイレには神様が住んでいるとかいう、八百万神総合商社の日本なわけですが、西洋にもトイレに神様は住んでるらしいっす。っつうか神様っていうより悪魔っす。

世界5つの奇妙な解剖学博物館

0_e10

人体構造に関しては、どんなにグロいっつったって、自分の持ち物だったりするわけなので、惹きつけられたり、後ずさりしたくなるもで、見たいんだけど見たくない、でもちょっと見たい的なアレで、それをテーマとした博物館が成り立っていくわけなのですね。ってことで世界6つの奇妙な解剖学博物館が紹介されてました。なぜか目黒のあいつが入っていやがりました。まだいったことないんだ。いかなくちゃ。

外見てるより、人見てるより、スマホ見ている時間が長いそんな現代社会

0_e18

 スマートフォンから情報を取り出すのが当たり前となった現代人の場合には、一日中のスマホやタブレット画面を見ていることが多いようで、自分の目から直接見るよりも、画面上からのみるもののほうが多くなっているような感じなのかな、世界的にみても。

 友達同士で遊んでても、恋人どうしても、お互いに顔を見て話すより画面見て話すとか、画面みてSNS上で話し合うとか、そんな世界になりつつあるとかどうなんだろう。

ベトナムの同性愛者カップルに密着撮影「ピンク・プロジェクト」

0_e14

 ベトナム、ハノイを拠点として活躍している25歳の写真家、マイカ・エラン氏は、ベトナムの同性愛者たちにスポットライトを当て、同棲しているカップルたちに密着し、その私生活を撮影した写真を「ピンク・プロジェクト」として発表したそうです。

マクドナルドで見かけた奇妙な風景

0_e35

 ほぼ世界を網羅した感のあるマクドナルドですが、世界のマクドナルドでは奇妙な光景が展開されている模様です。

大きな女性と小さな男性のナイスカップル画像

0_e2

 いろんな人がいて、いろんな好みがあって、いろんな性癖があるから、世の中は様々なカップルができて盛り上がっていくのですね。ほんのちょっとストライクゾーンを広がるだけで、あなたの世界も夢がひろがりんぐ。

ギリシャ彫刻における大理石の睾丸をクローズアップ

no title

 英ロンドンを拠点に活動しているフォトグラファー、Ingrid Berthon-Moine氏による、ギリシャ彫刻の大理石でできた睾丸のみをクローズアップ撮影した写真だそうです。硬い大理石の石なのに、触ればプルプルする質感を出せるなんて、昔のギリシャの芸術家はなんとも素晴らしい。そして睾丸の形が、みんな違ってみんないい!

「BUKKAKE」の新たなる世界を模索、顔に食べ物がぶっかかった世界「On Your Face」

0_e26

 英ロンドンを拠点として活動しているアーティスト、 Emanuela Franchini さんによる作品だそうです。顔に生肉や目玉焼き、パスタなどをぶっかけて、海外でも「BUKKAKE」として定着している日本が生み出したAV文化「顔射」の新たなる世界を模索した構成となっているの?そうなのどうなの?

アメリカ人観光客が撮影してきた、韓国で買えるもの

0_e17

 アメリカ人観光客が韓国に行った際目を引いた食品、商品などだそうです。基本的にほとんど英語に対するつっこみなのですが、商品にはほとんど英語表記があるみたいだけど、いろいろ間違っているようです。我々が見ると何の違和感も感じないものもあります。日本の意味不明な英文字の書かれたTシャツとかも一時期ネタになったけど、そういう流れなのかな?

チアリーダーはどこにスマホを携帯しているのか?

0_e6

 スマートフォンはもはや生活の一部、体の一部分だったりするもんだから、片時も離さないのが通例です。ということで、チアリーダーたちはいったいどこにスマホを隠し持っているのでしょうか?

マイケルジャクソン最期の時、死亡時の部屋の様子が公開される

0_e5

 世界の大スター、マイケル・ジャクソンは、2009年6月25日、自宅で心肺停止状態に陥り、近くのカリフォルニア大学ロサンゼルス校医療センターに呼吸停止の状態で運ばれたものの、息を吹き返すことはありませんでした。享年50歳。

 当時、マイケルの死は各国のメディアでトップニュースとして報道され、全世界に衝撃を与えたましたが、あれから4年、死亡当時のマイケルの部屋の様子がわかる写真が改めて公開されたそうです。

充実の品ぞろえ。海外腐女子の為の抱き枕

0_e81

 抱き枕発祥の地と言えば日本なわけですが、やはり伝播していくようで、男性用のみならず女性用もいろいろあるみたいです。西洋仕様なので日本のタッチとは違うあたりも興味深いし集めたいし。

これをピザで再現してみる。

0_e83

 テトリスが好き。ピザも好き。おりしも6月6日はテトリス29周年の日だったそうで、じゃあっていうんで、この日の為に、綿密な設計図を描き、それをピザで再現してみることにしたようです。

遺伝的類似性がわかる、ファッションモデルと母親のツーショット写真

0_e66

 写真家のハワード・シャッツは、美の遺伝的類似性に興味を持ち、過去12年間にわたり、ファッションモデルの娘とその母親のツーショット写真を撮影するというプロジェクトを続けているそうです。凄く似てる母娘もいれば、そんなに似ていないけど特定パーツがそっくりだったりする母娘もいて面白いです。

卵膜が破れることなく水風船状態のまま生まれてきたミラクルな赤ちゃん(ギリシャ)

0_e67

 羊水と胎児が入った卵黄嚢と呼ばれる袋は、赤ちゃんが生まれてくる直前に破けて、羊水が流れ出す「破水」が起きるのがのが一般的ですが、ギリシャのアテネ北部の病院で、帝王切開による手術を行っていた女性から、まるで卵のような、水風船のような、卵黄嚢が羊水に満たされたままの赤ちゃんがそのまま取り出されたそうです。出産に携わった医師が珍しがってその写真をフェイスブックに公開しました。

戦争の爪痕。第二次世界大戦中ドイツ兵と関係していたヨーロッパ女性が戦後屈辱的虐待を受けていた

0_e46

 第二次世界大戦後、ドイツ軍に占領されていた場所が解放となりましたが、その地にて、ドイツ兵と関係を持ったとされた数千人の女性が丸坊主にされ、下着姿で歩かされるなどの虐待を地元住民などに受けていたそうです。これらの写真や映像は当時どのような虐待をうけていたのかがわかる資料となっています。あまりの屈辱的行為に自殺した女性も多いそうです。

美女の背中で家の間取りをチェック。中国のセクシーボディーペインティング広告

no title

 中国江蘇省南京市で開催された不動産見本市「南京春季不動産商品交易会」でひときわ目を引いていたのが、美女の背中にペインティングされた部屋の間取り図。これならガン見しても文句言われないし、不動産会社もじっくり間取りをみてもらえるので双方に利点ありな面白い試みの広告として話題を集めていたようです。

江戸時代の浮世絵師、小林永濯が描いた遊女の死体が分解されていく経過を描いた絵「九相図」

no title

 江戸時代から明治にかけて活躍した日本の浮世絵師、小林 永濯(こばやし えいたく、1843年 - 1890年)が描いた、遊女の死体が分解され土に還るまでの経過絵図だそうです。遊女の死体が腐敗し、白骨化する過程を9段階で表しています。

ロシア国境軍国境警備隊の日、ボーダーランニングとウォッカで祝う人々

0_e47

 5月28日はロシア国境軍国境警備隊の日なのだそうです。この日ゴーリキー公園では休日を祝う為、市民らがトレードマークのしましまのランニングと海パン1丁でウォッカを飲みながら噴水でわかりあっていたそうです。

いろいろおかしい、フォトショで筋肉を手に入れた男たちのララバイ

no title

 実際に理想の筋肉を手に入れる為には時間も労力もかかるわけですが、フォトショならほら簡単。思いのままの筋肉を手に入れることができるはず。ところがどっこい、いろいろいじくりすぎちゃって、何かがおかしくなっていて、理想の筋肉ってやっぱり、そう簡単には手に入らないみたいなんです。

典型的な女性の朝をミイラで表現

0_e41

 女性の朝はあわただしい。そんな女性の朝の光景をミニチュアミイラを使って表現した画像だそうです。だいたいあってる。

ストリートパフォーマンスの境界線にいるローマの物乞いたち

no title

 一般的な物乞いというと、同情を誘うパターンが多かったりもしますが、イタリア、ローマの場合には、奇をてらったものや、動物と寄り添ったりという感じで、お国柄というのでしょうか、ストリートパフォーマンスに果てしなく近い、ストリート物乞いというジャンルがあるようです。

日本の大学生は何故みんな同じ格好をしてるの?これがトレンドなの?

no title
 
 海外サイトにて、「日本の大学生のトレンド」と題されたこれらの画像。なんかみんな似たような服装をしまくっています。出所は2chとかかな?よくわかんないけど、ペアルック以上のルックルックこんにちはです。本当にこんなことになってるの?確かに何かが流行るとみんなそれを着たりするから多少はそういう現象もあるかもだけど、それにしても安定のチェック&ダンガリー率。

手作りのぬくもりが感じられる人体解剖、刺繍やニットで人体解剖を表現。

0_e10

 もともと生身の人の体って体温を持っていてあたたかいものだから、手作りのぬくもりが感じられる人体解剖ならば、いとおしい気分になれるのかもしれません。

 ということで、キャンディ・カウスさんは刺繍やニットで人体及び内臓を表現したアートワーク作品を展開したそうなのです。

国家社会主義白人党の集会(アトランタ)

0_e15

 ジョージア州アトランタで行われた国家社会主義白人党の舞台裏だそうです。国家社会主義白人党の前身は、1959年3月8日に、アメリカ海軍中佐であったジョージ・リンカーン・ロックウェルによって結成されたアメリカ・ナチ党で、アメリカでのナチズム復活を目指して結成され、アドルフ・ヒトラーによるナチスの理念や政策に大きく立脚しているそうです。

中国で開催された「ハーレーダビットソン、レーシングイベント」会場の様子

0_e13

 中国、浙江省舟山群千島湖で、今年5回目となる「ハーレーダビッドソン第五回全国ライダー(千島湖)レーシングイベント」が5月10日−5月12日まで開催されていたそうです。

 中国各地からハーレーダビットソンの愛好者1000名以上が集まり、思い思いのコスチュームで賑わいを見せました。

ぼっち専用。ボッチあるあるな画像

0_e1

 ぼっちにありがちなこと、もしくはぼっちのみが利用できる施設などがわかる画像が公開されてました。「咳をしてもひとり」日本が生んだ偉大なる作家、石川啄木氏のこの言葉の重みを感じ続けて石化してしまったパルモがちょっと通ってみたりもします。っていうか石川啄木じゃなくて尾崎放哉だったらしいです。すべてにおいてこの程度なんです。ていうかなんで石川啄木とじっと手を見るがタグづけられてたんだろう、あたしの脳内。まだまだ未開拓です。

セレブリティーは歯が命。海外有名人の歯の修正・ホワイトニングのビフォア・アフター

0_e21

 日本でも「芸能人は歯が命」とかいうキャッチフレーズが昭和の時代に存在したように、やはり海外セレブの場合にも歯にはいろいろ気を使ってるみたいなんです。

ファーストフードの犠牲者たちの画像25

0_e13

 すべてファーストフードに原因があるとは限らないわけですが、それも要因の一つであるかもしれない「ファーストフードの犠牲者」というお題で集められていた写真です。ひとまわりもふたまわりも大きく成長しちゃった感じです。

ゆるキャラも一周まわるとリアルになる。タマタマの形をした精巣がん啓発キャンペーンキャラクター、「ミスター・ボールズ」

no title

 ブラジルのがん患者を支援する非営利団体「AAPEC」が精巣がんの認知度を向上させるために生み出したというゆるキャラ、ミスター・ボールズくんは、そのまんま睾丸の形や色を忠実に再現したもので、中に人が入ることも可能。ブラジル各地で開催されている馬のショーに同行し、旅してまわっているそうです。

芸能人は小顔が命?こんなに違う、セレブの顔を巨大化してみた

0_e27

 セレブとか女優さんとかって顔がちっさいというイメージがあるのですが、いや実際小さいみたいなのですが、その等身を変えるだけでこんなに違和感を感じると言うコラ画像だそうです。デフォルメしすぎてるけどかなり違う。

中国の人民日報の新本社ビルの形がアレすぎた。っていうか狙ってるのか?

0_e19

 中国北京市で建設中の人民日報の新本社ビル、その全貌が明らかになりつつありますが、その形状があまりにもアレすぎるとして、海外サイトなどでも「どうみても○○です。」と話題となっていました。

何かがヤバイ、いろいろマズイ、おかしな28枚の画像

0_e15

 毎回こういった画像が集められている度に思うわけですが、よくもまあ、コラとかじゃなく実際にこんな瞬間を抑えちゃってそれが拡散されちゃっているもんだなーということなわけで、今回もありえないけど実際にあったし、記録されちゃった、何かがヤバイ画像を見ていくことにしましょうそうしましょう、ロドリゲスったら。