今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

画像

世にある食品にピアスを付けてみたらエロエロエグザイム

2

0_e0

 というわけで、何かがエロい、食品&ピアスなのです。え?エロく見えないって?それはあなたが汚れていないからです。黒歴史が有り余るパルモの場合には頬を染めるには十分な逸材なのです。

 これらの写真はアーティストのビクター・バラガンが世に送り出したもので、ピアスが無限のエロティシズムを持っているということにハっと気が付かされるわけです。

ここ掘れワンワンしちゃったんだ・・・散歩の途中で愛犬が誇らしげに拾ってきたものは・・・

0_e58

 犬が誇らしげに運んできたものは、そうとうに誇らしげなサイズのものだったそうです。イギリス、ニュートンルウィロウの森で愛犬のラブラドール、ギャラクシーを散歩させていたスチュー・ハリソンはギャラクシーが口にくわえてきたものをみて二度見するほどびっくり。

 それはなんと真っ黒な・・・

飯テロ?乳テロ?はいどっち?谷間の向こうに見える料理のある風景

0_e59

 女性なら真っ先に料理に目が行くわけですが、男性の場合どうでしょう?大きな谷間の向こう側に料理を配置し、どっちに先に目が行くか確認するそんなテスト画像です。

自動車事故直後の車の内部を撮影した画像

0_e46

 デンマークの写真家、ニコライ・ホワルトは、交通事故現場に赴き、事故直後の社内の様子をカメラに収めたそうです。

珍しい黒のアヒル!そう思って写真を撮ったところ、そこには大人の事情があった

0_e26

 オーストラリア、マンジュラに住む女性は近所の池で珍しい黒のアヒルらしきものを発見。これは写真を撮ってSNSに掲載だわん!と撮影したわけですが、写真をよくよく見てみると、黒のアヒルではなかった模様です。

ダリに影響を受けたロシアのアーティストのシュルレアリスムイラスト

9_e11

 ロシア、モスクワを拠点に活動しているアーティスト、Dmitry Vorsin(36)の作品だそうです。ルネッサンス時代の絵画をダリ風に仕上げています。

トップアスリートたちの引き締まった体を全裸で

1_e28

 メディア・エンターテインメント企業大手 ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のスポーツ専門チャンネル「ESPN」がトップアスリートたちの引き締まったボディをヌード撮影した模様です。

1970年代、一部カルト的に流行した頭を剃る女性たち

0_e5

 ごく一部のジェンダーフリーを主張する女性たちに流行っていたというヘッドシェイビングなヘアスタイル。機関紙的なものも発行されていたようです。

流行ってるらしい。魚介類で乳を隠すフィッシュブラ

no title

 南半球では夏も絶好調なわけだし、海水浴したり釣りしたりと水回りのレジャーが真っ盛り。そんな中インスタグラムで繁盛しているハッシュタグは「#fishbra」。文字通り手にした海産物で乳回りを隠すというもの。魚で完全にビキニトップが隠れちゃうとノーブラの可能性を連想できたりするわけで、モザイクで逆に盛り上がれるタイプの投稿として話題を呼んでいます。

 いやほんとにノーブラ娘もいるけどね。

1930年代〜1960年代の鞭を持つ女王様たちの写真

14_e1

 SMでいうところのS属性な女王様たちのヴィンテージ写真だそうです。そのルックスは今でも継承されているので古くて新しい感じがします。

太い眉に逆毛、トサカときどきソバージュ。80年代のロックな女性ヘアスタイル図鑑

1_e2

 80年代を象徴するロックな女性のヘアスタイル図鑑だそうです。

昭和が終わりを告げる直前、1988年の日本の風景

no title

 1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御し、昭和時代が終わりを告げました。事実上1988年が昭和時代の最後の年ということでその時期に撮影された写真だそうです。

国旗のボディーペイントが斬新。2016年ユーロネイションズのポスターのスローガンは戦争するより愛し合おう(Make Love, Not War)ポスター

2_e4

 UEFA EURO 2016のポスターだそうで、スローガンは「戦争するより愛し合おう(Make Love, Not War)」だそうです。このスローガンはベトナム戦争の頃に使われていた反戦運動スローガンで1960〜70年代に多く使われていたものです。

 パリを拠点代理店TBWAによって作成されたもので、アンチエイズPRも兼ねており、国旗をモチーフにしたボディペイントを施したカップルが人種、性的を越えた愛を表現しています。

ビール腹を我が子が入っているかのようにいつくしむオヤジたち

0_e33

 まるで妊娠したかのようにぷっくりと膨らんだお腹。そのお腹をいとおしそうに眺めるオヤジたち。実はこれドイツのビール会社Bergedorferのポスター広告だそうで、テーマは「愛をこめて醸造する」だそうです。

 まるで妊婦のようなお腹の中にはおいしいビールが詰まってるってことでそんな逆転の発想にも似た広告とか、なかなかやります。

インスタグラムでギリギリセーフの自撮りをアップし続けるアメリカ人モデル女性

0_e25

 インスタグラムは制約があってエロ系はアウトなのですが、アメリカ人のモデルであり、テレビホストとプロのポーカープレイヤーであるサラジーン・アンダーウッドはギリギリセーフのセクシー画像を更新しつづけているそうです。

警察により摘発された、中国の地下、家庭内の偽卵加工場

3_e22

 警察が摘発したという家庭内で違法に加工されていた偽卵工場だそうです。塩化カルシウム、灰、ライム、粘土、アヒルなどが使用されているようです

もともと細いのに2週間で15キロ減量した女性の過程画像

やせっぽ

 もともとやせてるスレンダー系の女性が、更なる減量にどういうわけかチャレンジ。2週間で15キロ減量し、骨と皮の状態になってしまった過程映像です。ふくよかな女性の15キロ減量とかは良く見かけるのですが、もともと細い人がさらに細くなるっていうのはレアだし危険ですので、マネしちゃダメ絶対です。

愚かで危険なかけに出た。自撮りに命がけな人々の何かがやばい画像まとめ

0_e

 そこにスマホがあるから。人々は日々の悲喜こもごもを撮影しSNSでバズらせたい、そんな気持ちが満載なのである意味危険なかけにでたり、想定外の出来事にもでくわしちまいます。

 それでは間違い探しのように見ていってください。

いろいろおかしい。地下鉄内で顔面にコンドームパックする女性たち(中国)

0_e30

 中国北京の地下鉄内で顔にコンドームを貼る女性たちの姿に利用客がどよめいたようです。女性たちは口々に、これは最新のパックなのよと言っていたようですが・・・

敵は身内の中に・・・妹に人生で一番恥ずかしい写真をさらされた姉

6_e

 アメリカ、コネチカット州ニューイントンに住む美人姉妹、エミリー(21)とローレン(17)・ペトロッツァ。姉のエミリーは友人と釣りに出かけ、野良猫などをかまっていた日の翌日、目の周りが赤く湿疹していることに気が付きました。だがそれはほんの序曲で、さらに別人と思えるほどに顔面が腫れあがってしまったのです。

 エミリーは釣りに行っている間、知らず知らずの間にツタウルシ触れたようで、それが原因だったようです。でもってその別人形相の写真をあろうことか妹が、ツイッター上で公開してしまった模様です。

頭にはマリオ。この散髪技術すげえ

0_e1

 一発ネタですが坊主頭の男の子の後頭部にはマリオがシャイニング。ってかこれ微妙に刈込の長さを変えてグラデーションだしているようですごい技術なんだと思います。

女子社員に世にもグロテイストないたずらをされる男性社員

ofisu いったいこの男性社員にどんな恨みがあるのか?いや別に全然ないんだけどもリアクションが面白いタイプだったのかどうかはわからないままに、女子社員が世にもグロテイストなどっきり攻撃をうける過程をうつしだした写真なんだ。



 まずハエのおもちゃに血のり、そして耳のおもちゃが用意されるわけなんだけど、この時点でピーンときちゃったおともだちの場合には観覧注意なんだ。

不穏な空気を持つ美少女たちのデジタルポートレート

0_e2

 ウクライナ、キエフ在住のアーティスト、エレナ・サイによる作品は、美少女たちに様々なエフェクトをかけ、不穏な感じに仕上げています。

デヴィッド・ボウイの色彩感覚に脱帽。自然界のカラフル生物、ウミウシとデビットボウイのファッションの比較画像

0_e1

 麗しのデビッド・ボウイ氏がなくなられて早4ヶ月が経とうとしていますが、彼の残した偉業はあまりにも大きかった。特にそのファッションも今見ても色あせないほどに、むしろ色鮮やかで繊細。それは海の中の色の魔術師ともいえるウミウシなどの裸鰓類と似て非なるものがあったようです。

 ということでタンブラーではボウイのファッションとそれに良く似た裸鰓類の比較画像が展開されております。

日本じゃありえない選挙の盛り上がり方。候補者そっくりのリアルマスクをつくってボディスワップ

0_e2

 スーパーリアルなフェイスマスクを手掛けている米デンバー州のマスク会社Hyperfleshのマスク職人、ランドン・マイヤーや、今年行われる大統領選の有力候補者3人のそっくりマスクを制作しました。

 でもってその候補者の体型とは違うボディを持つ人にマスクを装着してもらったもんだから、こいつはとんだボディ・スワップ。

妻と娘を巻き込んでのホラー写真がキックスターターで資金募集、目標額に達し写真集販売決定

1-1_e0

 妻と子供を被写体に、米カンザス州のフォトグラファー、ジョシュア・フォヒンは子供の悪夢を具現化した写真を作り上げていましたが、この度キックスターターにて資金募集を行ったところ、目標額に達し、写真集が販売されることになったようです。10ドルでアートカード、40ドルで写真集が購入できる模様。

古い時代のレズビアンたち。西洋ビンテージ写真より美しき百合の世界

0_e

 西洋の古写真からレズビアンたちの写真が集められていました。古い時代から一定数の割合で存在していた同性愛者たちですが、キリスト教という宗教観により虐げられていた歴史もあるものの、写真に写る彼女たちはすごく幸せそうです。

今見ると逆に新鮮。1969年「ウッドストックフェスティバル」のファッションシーン

0_e60

 フリンジ、フォークロア、丸メガネ、ベルボトムなど、逆に今流行っているアイテムが目白押しな、1969年8月15日(金)から13日間、アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン郡ベセルで開催された大規模な野外コンサート「ウッドストックフェスティバル」会場のファッションシーンがまとめられていました。

50年近くたっても色あせないとか逆に新鮮とかすごいな。

あのセレブ女優が拒食症だったら?フォトショップ改造計画プロジェクト

0_e51

 ガリッガリにやせ細ったセレブたち。これらの画像はフォトショップコンテストに出されたもので、スレンダーに憧れて拒食症になってしまう人々を抑制するための目的もあるのだそうです。

アメリカのストリッパーたちが稼いだビッグマネー、その札束の山を公開

0_e26

 ストリッパーたちが踊ると、パンツやブラジャーにお札を挟みこむという文化が定番となっていますが、アメリカのストリッパーたちが稼いだビッグマネーの写真が公開されていたわけです。

 とはいえ1ドルは110円とかなので、アレなのですが、それでもアメリカはまだ、大量の札束を放出できるほどの経済力はあるようです。

木こりだって見つめてほしい。現役木こり男子のセクシーなポージング

0_e27

 いわゆるチャリテイープログラムの一環なのですが、現役の木こりによるセクシーポージング集がカレンダー化されていたようです。

安心してください。食べてませんから。美女の口には昆虫アート

0_e25

 昆虫が傷ついちゃう方を真っ先に心配したのですが、合成なのでリアルに入っているわけではないそうです。メリカの写真家 マルク・ラメイが昆虫のマクロ写真とファッション写真を組み合わせ作ったフォトアートだそうです。

無茶しあがって。オーストラリアのコメディアン女性がセレブの画像をそのまんま再現

名称未設定-1

 オーストラリアのコメディアン、セレステ・バーバーが、インスタグラムなどで公開されているセレブたちのポージングをコピペしたようです。いろいろ無茶やってます。

人間の赤ちゃんそっくりの顔を持ったヤギが生まれる(マレーシア)

00_e3

 マレーシア南部の村、フェルダで農家を営むイブラヒム・バサーさんは、生まれたばかりのヤギを見て衝撃を受けました。なんとその顔は、ヤギのもつそれではなく、人間そっくりだったからです。

風刺絵「システムエラー」

0_e21

 風刺イラスト絵師、イゴール・モルスキが考えるシステムエラーだそうです。世界的な経済危機、美しさ、利己主義や貪欲のカルトをシュールな組成物を組み合わせて表現しています。

ワインを飲む前と飲む後の変化を撮影した比較画像

0_e25

 ワインを飲む前、1杯飲んだ後、2杯飲んだ後、3杯飲んだ後、人々の表情はどう変わるのかを撮影した比較画像だそうです。ワインを飲めない私としてはちょっとよくわからないのですがテンション上がってることだけはわかります。

 3杯くらいでも結構行っちゃう感じなの?

イギリスで一番人気の高い競馬「グランドナショナル」会場の様子はこちら。女性たちははじけてるしゴミが大変なことに。

0_e28

 毎年4月にイギリスのリヴァプール郊外にあるエイントリー競馬場で行われる障害競走「グランドナショナル」は、イギリスでは最も人気のあるレースであり、馬券の売上額もイギリス国内最高を誇ります。

 故に多くのイギリス人が集まるところであり、一応正装はしてきているようですがお酒の勢いも手伝って御覧の通り。でもって会場はゴミの山と化しています。

人間の頭を絞ったりひねったり、徹底的にいじくり倒すGIFアニメーション

1

 チェコのグラフィックアーティスト、アダム・ピズルニーが作り出したデジタルアートは自身の頭をねじったりひねったり発芽させたりといじくりたい放題。でもまあ、本当に頭がこんな風になっちゃう精神状態のときとかあるので、わからなくもなくもないです。

パン、焼いちゃいました。陶器胸像の中だけど。

0_e24

 陶器製の胸像の中にパン生地を入れ、そのままこんがり焼きあげたとかいうアート作品だそうです。オーストラリア、シドニーを拠点に活動しているアーティスト、Sullivan+Strumpf の作品だそうです。

史上最強の自撮り。自爆ベルトを巻いた飛行機ハイジャック犯とツーショットした男性

0_e51

 2016年3月29日、エジプト航空の旅客機がハイジャック犯により乗っ取られました。容疑者、セイフディン・ムスタファは自分の腹部に自爆ベルトを巻き付けており、カイロ行きの旅客機をキプロス空港へ着陸させました。

 その間乗客の62人が人質に取られていたわけですが、その人質の1人、英国人男性のベン・イネス(26)は、何を思ったのか犯人と一緒に写真を撮りたいと申し出ました。でまたこの犯人を何を思ったのか「OK!」ってこととなり、実現した自撮りがこちらです。
 

オウムが好き過ぎてオウム似に人体解剖した男性、ついに名前をパロットマン(オウム男)に改名

0_e29

 オウム好きをこじらせて、体をオウム使用に改造した英国男性、テッド・リチャーズ(57)のお話は昨年したかと思いますが(関連記事)、それだけでは飽き足らず、名前をパロットマン(オウム男)に変更しようと、改名申請を行っていたのですが、それがついに受理され、晴れて正真正銘の「テッド・パロットマン(Ted Parrotman)」になれたそうです。

古き良き時代、西洋の男性はニットを小粋に楽しんでいた

0_e7

 今でこそセーター、帽子くらいしか出番のないニットですが、古き良き時代の西洋男性はパンツからズボンなど、羊毛ウールな感触を全身に纏い、腹の底からその編み込み具合を楽しんでいたようです。

ベッカム、お人形のドレスを縫う

0_e11

 もちろんこれは自分の趣味ではなく、小さな愛娘、ハーパーちゃんの為だそうですが、説明書をみながら針と糸でチクチクと小さなドレスを塗っているその姿が、お父さんしててとても素敵!と話題となっていました。

マリファナを栽培し、成分を抽出した液に祈りをくわえて治癒オイルを作る、アメリカの修道女たち

0_e10

 アメリカではマリファナ合法の動きがでていますが、全ての州に浸透するにはまだまだ時間がかかりそうです。米カリフォルニア州に住む2人の修道女、バレー姉妹は、マリファナをす有機無農薬で栽培し、成分を抽出したヒーリングトニック(治癒薬)を製造し、そこに祈りを捧げ、ネット上で米国内に向けて販売しているそうです。

中国のコスプレアイドル 小柔SeeUが演じるズートピア

11_e13

 中国で人気のアイドル、小柔SeeUさんはコスプレも達者だそうで、ディズニーの映画「ズートピア」の擬人化にチャレンジしたそうです。ってか男性の方もかっこいいぞ。

シドニー大学獣医学部の男女が、干ばつ被害救済の為に一肌脱いだ

1_e28

 文字通り一肌脱いでますし、動物たちも友情出演しています。オーストラリア、シドニー大学獣医学部では、毎年恒例のカレンダーを制作しており、今年はその売り上げの一部が干ばつ被害救済にあてられるそうです。残りは動物たちの餌や肥料となるそうです。

 カレンダーは完売で現在は販売されていませんが、その記録が今ここに。

全米最大のダッチドール工場を訪ねて

00_e1

 全米最大手のハイテクラブドール工場にカメラマンのロバート・ベンソンが取材撮影した時の画像だそうです。カリフォルニア州サンディエゴに工場がある、iDollat​​oryだそうです。女性だけでなく男性ドールもつくっているそうで、そのほとんどが丹念に手作業で行われているようです。

寒さ厳しいロシア、モスクワでラッシュ時の道路に全裸女性が現れた

1_e18

 フィールドはロシア、モスクワの環状線。日時は最近、全裸女性が車の往来の激しいラッシュ時に道路の中央を歩いていたそうです。

繊細な質感のエアリーな素材で作り上げた蝶々のアクセサリー

00_e

 オーガンジー生地に実際の蝶々の写真をプリントして作り上げたという本物の翅みたいなアクセサリーは、イスタンブールベースのアーティスト、Derya Aksoyが手掛けたものです。

デヴィットボウイを象徴的ポップカルチャーの登場人物と融合させたポスター

0_e83

 デヴィットボウイその人も、ポップカルチャーを代表するスターの1人。ということで、アーティストのブッチャー・ビリーは、デヴィットボウイをリスペクトする意味も含めて、彼を様々なポップアートを代表する人物や映画などのキャラクターたちと融合させたそうです。