今日の気になるニュース

カラパイアの最新記事

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

第三回ジャブロクラブ宴の後、さあ本当のことを語ろうか

2004.11.1 19:17 雑記ZAEEGA # コメント(-)

f52ed5cc.jpg正直麻雀をやったのかどうかすらも記憶が怪しいだのですが、第三回ジャブロクラブは宇都宮にてつつがなく行われました。今パルモの記憶に残ってる事といえば、例のむらさきは3歩あるくとおなかがすくということ、今回新規参入した元祖ヒロはおぼっちゃまむで、人集めに借り出された同大学の友達ゆうもまぁおぼっちゃまむなんだけど、「いやーヒロの方が2ランク上の金持ちだよな」とそのランク基準が一般ピーには不明確なんだけど、とにかく2ランク上のおぼっちゃまむな上に河村隆一ばりのナルだったということ(実際歌ってたし河村隆一)、KENさんはなんか30代なのに死んだおとうさんみたいでついなつきたくなってしまうこと、でもってぴぴは人当たりがよくてイイ奴だけど前回優勝したときに献上したパルモのプリクラを携帯からスイカに貼り替えてたこと、てゆーかモニター関係の仕事をしている奴の目の下はすべてクマとたるみが目立って年相応には見えないこと、あんばいたんはいつものようにまとめ役が大変そうでかわいそうだったこと、などまぁいろいろあるのだがやはりここは一番最初に酔いつぶれてしまったあっきーについて語らなくてはならない。彼が酔いつぶれていった本当の理由を。

飲み会の会場ではパルモはあっきぃの隣に鎮座していた。正確にはブーツ脱ぎ捨てて子猫のようにへろへろしていたわけなのだけど、あっきーの対面には例のおぼっちゃまむが座っていた。最初あっきーとパルモは普通に変態系とか音楽系の話を和気藹々と語りつつ、カラオケなんかを歌ってたわけだが、例のおぼっちゃまむヒロがラルク、河村隆一等のナルな歌を歌い始めてから、あっきーは変わり始めた。水割りをロックに変え、そのピッチも激早くいったいなにが起こったのだろうなにかしら?と耳を傾けたところ、「ヒロみたい奴はいーよ。女がうじょうじょ寄ってくるだろーよたのしかろーよ」と語り始めたのだ。「いやでもね、ほら、変な女に取り付かれたりしてそれなりに苦労とかもあるだろうからさ」とあっきーをなぐさめヒロに同意をもとめ「ね、大変なこともあるよね?」などと聞いたのがまずかった「はいそりゃもーストーカー被害とか大変でしたよ」とか謙遜を知らないおぼっちゃまむがまたここで輪をかけてしまったのである。あっきーのネガティブモードは全開ばりばりで朽ち果てていったのである。あっきーの仇をとらねばならぬパルモとしてはこれはおぼっちゃまむをつぶすしかねーとあっきーの亡骸を胸にだき、グラスを武器に変え、宇都宮名物カチャンイッキでおぼっちゃまむに勝負を挑んだわけだのですあーなのになのに、日ごろの不摂生と体調不良がたたり、最後にはだしでおといれに行った後、みんなの席にたどり着く前に途中のソファーでパルモも息絶えてしまったのでした(KENさん談)てゆーかおまえらお酒強すぎ。ボトル6本とかありえないからほんとに。つーか失われた記憶と強烈な頭痛で今も後遺症が残ってるですが、楽しすぎなので次こそは最後の一人に残れるようにがんがりまーっす。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook