今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

永遠に色あせない、映画「時計じかけのオレンジ」舞台裏写真

2016.2.15 10:30 画像歴史・文化 # コメント(-)

00_e

 スタンリー・キューブリック監督により、1971年に公開(日本では1972年4月)されたアメリカ映画「時計じかけのオレンジ」は、暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品。

 普遍的な社会の構図は永遠に色あせることなく現代へと受け継がれています。これらの写真は撮影時の舞台裏を記録したものです。

 この映画をリアルタイムで見ていた人が今社会を動かしている世代ということで、なかなかに興味深いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0_e22

1_e19

2_e19

3_e14

4_e12

5_e11

6_e11

7_e10

8_e6

9_e7

10_e10

11_e6

12_e7

13_e6

14_e5

15_e5

16_e4

17_e3

18_e1

19_e1

20_e4

21_e0

22_e1

23_e1

24_e1

25_e1

26_e1

27_e1

28_e1

29_e1
dangerousminds

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook