今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ぎょう虫検査、いよいよ今年4月から義務づけ廃止される(ただし九州の一部をのぞく)

2016.2.6 09:30 知る歴史・文化 # コメント(-)

no title

 2015年をもって義務付け廃止される予定だった小学生3年生以下のぎょう虫検査(関連記事)、いよいよ、今年4月の新学期から廃止となるそうです。

 文部科学省は、新年度からの学校での健康診断の必須項目から外しました。しかしながら、西日本は全国平均に比べて検出率が高く、九州の一部の自治体では、新年度以降も行うことが決まったそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ぎょう虫検査は戦前から行われており、1958年の学校保健法制定とともに学校の健康診断の検査項目になっていました。検出率の低下により、1995年からは小学4年生以上は省略できるようになりました。

 ただし検出率には地域性があるそうで、ほとんど検出されない地域もあるが、九州などでは0.1%を超える県が多いそうです。2014年度学校保健統計調査によると、7歳児の寄生虫卵の検出率は、福岡0.5%、佐賀0.6%、、大分0.9%、沖縄は2.7%だったそうです。
via:goo

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook