今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

避妊の未来形。体内に埋め込んでスイッチで精子の流れをオンオフできるデバイス

2016.1.12 09:30 動画面白 # コメント(-)

no title ドイツのBimek 社が開発したというこの避妊具は、男性の陰嚢内を通る精管に直接取り付けるインプラント型のデバイスで、スイッチをオン・オフすることで、男性機能を損なわず必要な時だけ避妊することができるのだそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bimek SLV - The new male contraception that controls sperm


 でも痛いんでしょ?っとお思いのあなた。大きさはわずか25mm弱で重さは3g程度。一度Bimek SLVを体内に挿入すれば、自らの意志で精子を操れるのです。弁をオフにすれば、睾丸で作られた精子がそこで遮られ、精嚢にまで届くことはないそうですが、100%シャットダウンするには、3ヵ月または射精30回のあいだは通常の避妊も併用すると間違いないそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook