今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「男の脂肪」は簡単に落ちる。男性の方が痩せやすいその理由とは?

2015.12.5 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e

 実は「男の脂肪」は簡単に落ちるのだそうです。83キロあった体重を2年間で25キロ落した、『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』の著者、小林一行氏によると、“男性は女性よりも脂肪を落としやすい”体質なのだそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 小林氏は東洋経済オンラインで、その理由を語りました。

 一般的に男性は腹回りに「内臓脂肪」がつきやすく、女性は下腹部や腰回り、太ももなどに「皮下脂肪」がつきやすい。よく男性の肥満は「リンゴ型」、女性の肥満は「洋ナシ型」と言われるが、これは男女の太り方の違いをよく表している。

 そしてこの「内臓脂肪」は、「皮下脂肪」に比べて血中に溶け出しやすいという特徴を持つ。溶け出した脂肪は燃焼させやすい。つまり、男性は女性に比べて比較的簡単に脂肪を減らすことができるというわけだ。しかも最もつきやすい腹の脂肪は最も落としやすい脂肪でもある。腹を凹ませるということは、思いのほか簡単なことなのだ。


 きつい運動や厳しい食事制限などせず、ダイエットに関する意識のズレを少々修正するだけで、男は簡単に痩せられる体に変身するんだとか。それには、男性に適したダイエット法を知ることが、体を絞るいちばんの近道となるそうです。

 女性のダイエットに有効なのは「有酸素運動」ですが、筋肉量の多い男性に有効なのは「無酸素運動」なのだそうです。負荷の軽い筋トレを続けることが最も効率的だとのこと。筋肉を鍛えることが体の基礎代謝を上げると必然的に脂肪燃焼につながるのだそうです。

 日々の動作の中で、例えば重いカバンをダンベル代わりに使ったり、電車のつり革で密かに懸垂したり、席を立つ時にスクワットしたりと、そういった日常の動作にちょっと負荷をかけるだけでいいそう。このほか、伝達事項を電話やメールで済ませずに直接席まで足を運ぶ、重いものを運んでいる社員を見つけたらすかさず駆け寄り手伝うなど、意識的に動く場面を増やしていくことが良いそうです。

2_e

 例えば前日食べ過ぎてしまった場合は、十分な水分を摂ったうえで、いつもよりもひと駅分多く歩いてみる、ランチにちょっと遠出してみるなど、ほんの少し運動量を増やし、体の各器官の働きを正常に戻しましょう。

 また、食事量を減らすのではなく、食べる内容に気をつけた方が効果的だそうです。たとえば前日にたんぱく質を多く摂りすぎたのであれば体が酸性に傾いているので、カリウムの多い「バナナ」「アボカド」「納豆」「ホウレンソウ」などを食べるなど、体のPH値を平常値に戻すよう心がけましょう。

 もちろん暴飲暴食はせず、なるべく日々節制に努めることが望ましいのですが、飲みすぎ、食べすぎてしまった際にも自分を必要以上に責めることはないそうです。

 完璧主義なタイプは、一回の失敗を強く悔み、かえって挫折してしまいがちなので、「そんな日もある」とできない自分を許し、一喜一憂せずに普段の食事・生活ペースを淡々と守ることが大切だとのこと。
via:toyokeizai

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook