今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

東京以外で初、兵庫県宝塚市が同性カップル認定へ

2015.12.1 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e

 11月30日、兵庫県宝塚市が、性的少数者(LGBT)支援のため、同性カップルから申請があれば、パートナーとして認める「受領証」を発行すると発表したそうです。

 2016年3月には要綱がまとめられ、実際に施行されるのは2016年6月からとのこと。これにより、同性パートナーを認める公的書類を発行するのは、東京都渋谷区、同世田谷区に続き全国で3例目となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 宝塚市は今年4月末から検討部会を設置し議論を重ねてきたそうで、要綱では、市内に住む同性カップルが、ともに生きていく相手と認め合う「宣誓書」を市に提出すると、市長が受領証を交付する方針だそうです。

 当初は渋谷区を参考に条例制定も検討していたものの、「必要なのは市が寄り添う姿勢を打ち出すこと。より多くの人に利用してもらいたい」(中川智子市長)と世田谷区にならい要綱の制定を決めたそうです。

2_e8

 渋谷区は条例に基づき「パートナーシップ証明書」を発行。不動産業者などに証明書を持つカップルを夫婦と同様に扱うよう配慮を求めています。法的拘束力はないものの、是正勧告に従わなければ事業者名の公表もできますが、申請には公正証書が必要で、これまでの交付数は1組にとどまっているとのこと。

 一方、世田谷区の要綱では、渋谷区のような民間事業者への規定はなく、運転免許証などで申請者の確認ができれば受領証を交付し、これまでに9組が認められたそうです。

 中川市長は「宝塚が生きやすい街として1歩を進めるため、欠かせない施策。今後は国が同性婚を認めるよう、他の自治体と協力して働き掛けたい」と話したそうです。

via:yahoo

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook