今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

このチョイスがおバカに見える。20代OL女性が選んだバカっぽく見える「愛読書」「映画」「カラオケ選挙区」とは?

2015.9.28 09:00 知る面白 # コメント(-)

no title

ウェブ誌「女子SPA」が20代OL100人に調査を行った回答結果だそうです。バカっぽく見える男性の「愛読書」、「映画」、「カラオケの選曲」を聞いてみた結果だそうです。

 あくまでも20代の小娘たちの一部の意見なので笑って済ませられますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「バカに見える愛読書」

1位 週刊少年ジャンプ
2位 エリート大学の名前のついたビジネス書
3位 SNS活用術が書かれた本
4位 ネットビジネスの指南書
5位 旅を礼賛する自己啓発本

「バカに見える好きな映画」

1位 『仁義なき戦い』などヤクザ映画
2位 『プラダを着た悪魔』など女性人気の高い作品
3位 『アナと雪の女王』など比較的最近の話題作

「バカに見えるカラオケの選曲」

1位 ももいろクローバーZ
2位 氣志團
3位 ゴールデンボンバー

愛読書に対しての意見では、もっともやり玉に挙がったのは『週刊少年ジャンプ』だそうで、「少年と名のついているものを、すべての少年らしさをとうに失った大の大人が読むのってどうなのよ」(26歳・小売)

「ニヤニヤと笑いながら読んでいるのはもちろんバカ丸出しだし、難しい顔してページをめくっているのも滑稽」(25歳・金融)と辛辣な意見が多かったそうです。

だからといってビジネス書がいいかと言えば、

「最近よく見るハーバードとか謳っている本、本当にそんなエリート大学行く人は絶対読まないはず」(23歳・学生)。

 さらにSNSやネットビジネス指南書への風当たりも強く、「SNSの活用術に載っているテクを語っている人とは絶対に友達になりたくない」(26歳・IT)、「えっ、与沢翼?(笑)って思う」(29歳・食品)と一笑されちゃうようです。


映画に関しては、任侠ヤクザものが最もやばいそうです。

「男の美学とかを声高に語る男に限ってしょうもない」(26歳・建設) といった声や、「任侠モノの魅力をランチの席で熱弁する会社のバカ先輩。食欲が失せた」(27歳・公務員)という始末。

かといって女性の好む映画はどうかというと、

「40過ぎたオッサンが仕事に恋に奮闘する女子の姿を見て、元気をもらうってどういう精神構造?」(28歳・IT)。

 また、「話題作ばかりを受け売りで薦めてくる人からは底の浅さしか感じない」(25歳・小売)とやはりアウトなようです。

ということで、何度も言いますが20代の小娘たちの言うことですから、笑ってすませられますよね。あとはまあ、こういったチョイスに関しても、ただしイケメンに限るは適応されるかと思います。だってそれが20代。via:Jspa

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook