今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

インターネット上で人を抹殺する方法

2015.8.11 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e41

 世界中のハッカーたちが一堂に会して行われた米ラスベガスのイベント「デフコン」で、インターネット上で人を抹殺する方法に関する講演が行われたそうです。オーストラリア人のITセキュリティー専門家、クリス・ロック(Chris Rock)氏によると、偽の死亡通知書が世界的な問題になっているそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロック氏は、昨年オーストラリアの病院が誤って患者200人を「死亡扱い」としてしまったことから、死にまつわる産業に関する調査を始めたそうです。

 調査によれば、死亡証明書が発行され、ある人物が公的に死亡したと承認される過程には通常、死亡診断書や死亡届といった書類を医師と葬儀業者がそれぞれ作成することが含まれています。これらの書類が作成されオンラインで提出が完了すれば、書類に記された人物の死亡証明書が発行されます。

 しかし、このシステムには、簡単に医師や葬儀業者のふりをできるという致命的な欠陥があることをロック氏は指摘しました。

1_e45_e

 一般的な開業医は、死亡証明書発行のために情報を記載するためのポータルサイトにわざわざアカウントを作成していない場合が多く、インターネット上で誰かを抹殺したいと願う「暗殺者」はその隙に付け込み、実在する医師になりすますことができるのだそうです。

 必要な情報を記載するためのアカウントの作成には医師の氏名、住所、医師免許番号が必要ですが、そうした情報は、患者が医師資格を確認できるようにという善意の目的で公開されており、基本的なインターネット検索で入手できます。

 これらに加えロック氏は、死亡診断書に必要な疾患の種類などについてもオンラインガイドなどがあることや、検視や捜査の必要性を誘発する死因や死亡状況を避けることができることも示しました。また死亡証明書目的で葬儀社を装うことも、同様にインターネット上で情報を収集できるので簡単なのだそうです。

2_e43


 さらにロック氏は、インターネット上で実在しない子どもの出生証明書を入手するのは、もっと簡単にできることを指摘しています。「医師としてログインさえできれば、誰かを殺すだけでなく、誰かを生まれさせることもでき」、そうした「バーチャル人間」のねつ造は将来的に犯罪組織に利用される可能性もあり、大変危険だとのことです。

via:afpbbaspersky

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook