今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

冷凍庫から保護指定されているイリエワニの頭が70頭分腐敗した状態で発見される(オーストラリア)

2015.8.6 09:00 動画生物 # コメント(-)

1_e18

 オーストラリア・ダーウィン郊外に投棄されていた冷凍庫の中から、70頭近いイリエワニの頭部などが腐った状態で発見されたと、現地警察が発表しました。保護動物であるイリエワニを殺した人物には、多額の罰金か実刑が科される可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加


70 crocodile heads found in a freezer in Australia

 発見したのは10代の若者たちで、ダーウィン郊外40キロに位置する町、ハンプティー・ドゥーにある商店街の裏で見つけて通報しました。警察によれば、少なくとも50頭分のイリエワニの頭部が入っており、頭部以外も含めると70頭分の死がいが冷凍庫に詰められていたそうです。

2_e12

4_e13

 ワニを専門とする野生動物保護官のトミー・ニコルズ氏は取材に対し「冷凍庫はひどい状況だった。かなりの悪臭がして、ウジが湧いていた」と答えました。

5_e12

 これまでに逮捕された人物はいませんが、保護対象の動物を殺して有罪になれば、最高7万6500豪ドル(約700万円)の罰金または5年の実刑が下されます。ワニの頭部が切断されていた理由は不明だが、わに革は貴重で、盛んに取り引きされているようです。

3_e14

 体長7メートル、体重1トン以上に成長することもあるイリエワニは、豪北部特別地域が1971年に保護を宣言して以来、同地域で個体数が増加しており、人間と家畜を守るために年間500頭以上が殺処分されていされています。via:.afpbb.

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook