今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

かっこいいハゲとかっこわるいハゲ。その違いはおでこと顔の長さの比率にあった。黄金比1.6ならカコイイはげ

2015.7.24 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e15

 ハゲていてもカッコイイ人がいる。逆にまったくそうでない人がいる。この違いは何なのか?その秘密は顔の黄金比にあったようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイエンスナビゲーター(R)の桜井進氏が、数学的な視点から分析をしたところ、「おでこの長さ(眉から髪の毛or頭頂部まで)を1としたとき、眉からアゴ先までの長さが黄金比の約1.6に近い人は、ハゲていてもカッコいい」ことが判明したようです。

0_e9

 実際に検証したところカッコイイハゲはその比率が約1.5〜1.65となっており、逆にその数値から遠ざかるほど、カッコ悪くなることがわかったそうです。

 また、実は「ハゲることで顔立ちのカッコよさが開花する」可能性がある人もいるそうで、ブルース・ウィリスなどはまさにそのタイプなのだそうです。

 さあ鏡と定規をもって顔を測定。名残惜しく残した頭頂部の毛を残すべきか、剃るべきか計算してみましょう。via:nikkan-spa.

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook