今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「死体博物館」の異名を持つ タイ、シリラート医学博物館

2015.6.30 21:00 画像歴史・文化 # コメント(-)

0_e4

 タイ、バンコクにあるシリラート医学博物館はタイ王室と縁の深い100年以上の歴史を持つシリラート病院の中にあります。本物の人体を標本として多数展示しており、「死体博物館」とも呼ばれています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 博物館内部は法医学博物館、寄生虫博物館などいくつかの部門に分かれていて、肉体の「生命」と「死」に関する全てが網羅されています。

1_e2

2_e3

3_e1

4_e1

5_e1

 中でも「Si Quey(シーウィー)」と呼ばれる1950年代の殺人犯や、その他暴行殺人犯数名の遺体はその重要犯罪性のため裁判所の判断により、防腐処理を施した後外部を蝋で固め、弔われることなく永遠に標本として展示されています。このため「シーウィー博物館」と呼ばれることもあります。

 また「ャムの双生児」と呼ばれる肉体の一部が結合した双子の遺体や、事故により損傷した胎児なども標本として多数展示されています。2010年、主要部署がリニューアルされ新しい展示室となりました。病院の一部ということもあり、毎日沢山の学生が見学に訪れています。

6_e0

7_e0

8_e0

9_e0

10_e1

11_e0

12_e0

13_e0
via:viralnova


Medical Museum : anatomical collections of bones : preserved human organs

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook