今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

睡眠時間は1日7時間。それ以下だと心臓病や脳卒中、糖尿病、肥満のリスク(米研究)

2015.6.23 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e12

睡眠不足と心臓疾患や肥満との関係が各種の研究で指摘されていることを踏まえ、米睡眠医学会がこのほど、適正な睡眠時間に関する初のガイドラインをまとめたそうです。

 それによると成人の場合で1晩に7時間以上の睡眠を取ることが望ましいと勧告しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の調査によれば、米国人の睡眠時間は減少傾向にあり、1985年に7.4時間だった平均睡眠時間は1990年には7.29時間に、2004年と12年には7.18時間に減ったそうです。

 ガイドラインの作成に協力した米疾病対策センター(CDC)も、睡眠不足を公衆衛生疾患と位置付けます。米睡眠医学会の会長でワシントン大学のネタニエル・ワトソン教授は「7〜9時間の睡眠が望ましい」と述べ、1晩の睡眠が6時間を切ると集中力の低下を招き、心臓病や脳卒中、糖尿病、肥満のリスクも高まると指摘しました。

2_e11

 一方、睡眠時間の上限については、十分な検証が行われていないことなどを理由にガイドラインでは言及していないそうです。

 ガイドラインの作成に当たっては、睡眠時間と健康状態との関係について調べた調査や、被験者の睡眠時間をコントロールする実験の結果などを参照しました。

 これまでの研究では例えば、睡眠時間が7時間に満たないと体格指数(BMI)が上昇することや、睡眠が不足すると食欲を増進するホルモンの値が上昇して肥満につながり、肥満を原因とする心臓病や脳卒中などのリスクも増大することが分かっています。

 睡眠不足の原因となる睡眠障害の危険性も指摘され、欧州心臓病学会ではこのほど、睡眠障害のある男性が心臓発作を起こす確率は2〜2.6倍、脳卒中を起こす確率は1.5〜4倍になるという研究結果が発表されました。via:cnn

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook