今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

10代でいじめを経験すると、成人後のうつ病を発症する可能性が高いことが判明( 英研究)

2015.6.6 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e14

 18歳の時点でうつ病を患っている英国人の3人に1人近くが、10代のときに受けたいじめが原因でうつ病を発症した可能性があるという研究結果が2日、英医学誌「BMJ」に発表されたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 論文を発表した研究チームは、10代の頃に受けたいじめがその後の人生にも悪影響を与えることが多いという事例を裏付ける数値的な結果を挙げています。

 研究チームは英イングランド西部ブリストル)で、1990年代初頭から1万4500人を対象に行われた健康状態に関する大規模な追跡調査を分析。調査では、13歳のときに質問に答えた4000人近い対象者に対して、5年後に再び、うつ病に関する調査が行われていました。

1_e17

 分析の結果、13歳のときに、少なくとも週に1度はいじめを受けていると答えた683人のうち、15%近くが18歳のときにうつ状態にあり、いじめを受けた経験のない10代に比べると、この割合はほぼ3倍だったそうです。

 また、頻繁にいじめを受けていた人のうち、10%はうつ症状が2年以上続いていました。いじめを受けた経験のないグループの中では、うつ症状が2年以上あった若者は4%しかいなかったそうです。

2_e14

 ただし、研究チームは、自分たちの研究で確認されたうつ病の症例の30%はいじめが原因の可能性があるという結論を出していますが、直接的な因果関係は提示されておりません。via:afpbb

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook