今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

大音量の音楽を聴く世界の若者10億人超に難聴リスクが指摘される(世界保健機関)

2015.3.3 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e31

 世界で10億人を超える若者が、大音量の音楽を聞くことによって難聴になる恐れに直面していると、世界保健機関が警鐘を鳴らしたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 WHOが先月27日に発表した試算によると、中・高所得国の12〜35歳のおよそ半数が、聴覚を損なう恐れのある音量で携帯音楽プレーヤーやスマートフォンを利用していました。また、40%がコンサート会場やナイトクラブで危険なレベルの大音量にさらされていたそうです。

2_e30

 WHOでは、85デシベル(dB)を超える音量では8時間、100デシベル超なら15分で、耳の機能を損傷する危険があると指摘。難聴にならないためには、携帯音楽プレーヤーの音量を下げ、利用時間を1日1時間までに減らすべきだと勧めています。via:AFP

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook