今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

喫煙者がうつ・不安症になる確率は非喫煙者より70%高い(英研究)

2015.2.26 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e3

喫煙する人は、不安神経症やうつ病にかかる確率が非喫煙者より70%高いとの報告書が24日、英国心臓基金より発表されたそうです。もともとそういう傾向があった人が喫煙者となったのか、喫煙したからそういった疾患が発症したのはちょっとよくわかりませんが。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 BHFが40歳以上の6500人近くを対象とした調査によると、不安症やうつ病にかかっていることを報告した人の割合が、非喫煙者で全体の10%、元喫煙者で11.3%だったのに対し、喫煙者は18.3%に達することが分かったそうです。

 BHFによると、今回の調査で英国の喫煙者の3分の1以上(36%)が喫煙によってストレスが和らぐと答えたそうですが、調査結果は、こうした喫煙者の認識とは相反するものとなった模様

2_e4

 BHF副医長のマイク・ナプトン博士は「喫煙は不安やストレスを軽減するという意見が多くの喫煙者から寄せられている。このことは、多くの喫煙者の禁煙意欲を失わせる原因にもなっている」と指摘します。

 「だが喫煙は、人々をリラックスさせるのではなく、不安や緊張を高めている。喫煙の際に感じるストレスの和らぎやくつろぎ感は一時的なもので、それらはすぐに禁断症状や強い欲求に取って代わられる」と同博士は話しているそうです。via:AFP

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook