今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

小中高校で教師による体罰、わいせつ行為が過去最多に(文部科学省)

2015.2.4 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

1_e6

  文部科学省は1月30日、2013年度に全国の公立学校で、児童・生徒に体罰を加えたとして教職員3953人が懲戒免職や訓告などの処分を受けたと発表しました。これは12年度より1700人増えたそうで、また、体を触るなど子どもにわいせつ行為をして処分された教職員は初めて200人を超え、ともに過去最多になったそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 体罰があった学校は計2848校で、被害に遭った児童・生徒は8880人。小学校では6割以上が授業中で、中高は4割が部活動中だったそうです。その8割はけががなかったものの、骨折や捻挫、鼓膜損傷などの外傷を負わせたケースが181件ありました。

0_e7

 処分の内訳は停職や減給などの懲戒処分が410人、訓告や厳重注意が3543人。大半は、2012年の大阪市立桜宮高校の体罰自殺問題を受けた実態調査で把握された事案の処分といい、同省は「体罰防止の取り組みは進んでいる」としています。このほか、国立と私立の教員による体罰が計178件報告されたました。

2_e7

 わいせつ行為による懲戒は205人。全て男性で117人が免職、49人が停職とされました。7割が勤務時間外の行為で、半数近くは勤務先の子どもが相手だったそうです。内容は「体に触る」や「盗撮・のぞき」が多く、メールで文書や画像を送り付ける性的嫌がらせは19人と前年度の3倍にのぼったそうです。via:jiji

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook