今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

死刑囚の臓器提供を2015年より中止の方向へ(中国)

2014.12.5 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e

 中国で物議を醸していた、臓器移植に刑執行後の死刑囚の臓器を供給する慣習が、2015年から中止されることになるようです。

 慢性的な臓器移植のドナー(臓器提供者)不足に陥っている中国では、死刑囚の臓器を供給源とする状況が何年も続いていましたが、かねてから批判が強まっており、政府は何度も中止すると言明していました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際人権団体らは、臓器摘出にあたって死刑囚本人や家族の同意を得ていないと中国当局を批判していますが、中国政府はこれを否定しています。

 中国人体器官捐献与移植委員会の黄潔夫主任委員は3日に行われた会合で、移植手術の供給源に死刑囚の臓器を用いることを来年の1月1日から「包括的に終了する」と宣言。黄主任委員は、これにより中国の移植手術の臓器供給源は自主的なドナーのみとなると説明しました。

1_e

 しかし中国政府はこれまでも何度も同様の宣言を行っておりますが実行にはいたっていません。黄主任委員も衛生省次官だった2012年11月、臓器提供の死刑囚への依存を2年以内に中止すると約束していました。

 黄主任委員によれば、ドナーの割合は100万人に37人のスペインと比較して、中国では100万人にわずか0.6人です。にもかかわらず中国は新たな臓器提供制度を導入しており、2014年にはこれまでの4年間の合計よりも多い約1500人から臓器提供があったそうです。

2_e

 米国を拠点とする人権団体「対話基金会(Dui Hua Foundation)」が10月に発表した統計によると、2013年に中国で刑が執行された死刑囚は2400人で前年比で20%減、2002年の1万2000人と比べると大きく減っているそうです。via:AFP

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook