今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

有能な遺伝子を後世に残すため、出産時期を遅らせるため。フェイスブックとアップルが女性社員の卵子凍結に補助金を出すことを決定

2014.10.18 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

3_e17

 SNS最大手、米フェイスブック社とIT大手アップル社は、女性社員がキャリアの妨げになる可能性のある出産の時期を遅らせるため、また後世に優秀な遺伝子を残すべく、卵子の凍結保存に対し、補助金を支給することを決めたことが分かったそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 両社は卵子凍結の初期費用と年間保管費用を上限2万ドル(約210万円)まで負担すると報じられています。フェイスブックでは卵子凍結の費用負担を最近開始しており、アップルは来年1月に開始する予定だそうです。

4_e11

 ウェブサイト「eggsurance.com」によると、卵子の凍結保存の人気は、出産を先送りする女性の増加に伴い高まっているそうで、同サイトのある投稿には、「女性は現在、文化的・世代的な岐路に立たされている。私たちは出世について、男性と同様の期待と要求を受けている」「子どもを産めなくなる年齢が刻々と近づく中、私たちは職場で自身の地位を確立し、適切なパートナーを見つけ、家庭を築くのに十分なほど経済的に安定しなければならない」と書かれているそうです。

2_e18

 同サイトが引用している米政府の統計によると、第1子をもうけるのは35歳になってからと決めている女性は全体の2割に上っており、一方で、35〜39歳の女性の約33%が不妊問題を抱えており、40〜44歳の女性ではこの割合が64%まで上昇するとのこと。

1_e17

 IT企業は最近、男性中心の部門での多様性をめぐる新たな圧力に直面しているそうです。各企業が社員構成を分析する「多様性報告書」に関する問題を調査した結果、米マイクロソフト社は今月、女性社員の割合は29%にとどまると発表しました。一方、米インターネット検索大手グーグルの女性社員の割合は30%。またフェイスブックの場合、女性社員の割合は31%ですが技術部門ではわずか15%となっています。

0_e19

 この新たな「卵子凍結」手当は、フェイスブックやアップルのような企業がより多くの女性を自社に呼び込む一助となることが期待されています。その一方で、卵子凍結は比較的新しい技術で、妊娠の成功を保証するものではないと専門家らは指摘しているそうです。via:YAHOO

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook