今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

アメリカの大学で男女共用トイレが誕生、トランスジェンダー対策として

2014.10.4 09:30 知る歴史・文化 # コメント(-)

2_e15

 米カリフォルニア大学は、性自認が身体的性別と一致しないトランスジェンダーの学生に対応するため、10のキャンパスで男女の区別がないトイレを採用するそうです。これは米国の大学では初の試みとみられていますが、この流れは広まりそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア大学では、キャンパスにある独立した個室のトイレすべてを男女どちらでも使えるようにするほか、新設のキャンパスや改修したキャンパスでも同様の設備を設けるそうです。

 この計画について大学の学長室は、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の学生にとって、より快適な環境づくりを目指す試みの一環としています。

1_e16

 また、独立した個室のトイレが全部で何室あるかや、この計画の費用がいくらかかるかなどの詳細は明らになっていませんが、トランスジェンダーの割合は、300人に1人とされており、同大学の10のキャンパスでは計約23万8000人が学んでいることから、トランスジェンダーの数は800人弱に及ぶとみられており、利用する人も多いと予想されています。via:reuters

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook