今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

東大や早慶、上智などに通う「高学歴風俗嬢」が増えている

2014.9.5 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

no title

 東大や早慶、上智などに通う「高学歴風俗嬢」が増えているそうです。その理由について、『日本の風俗嬢』(新潮新書)の著者、中村淳彦氏が背景を語ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「1990年代にも、風俗で働く女子大生はいました。彼女たちは外見が派手で、ブランド品などを買う遊興費のために風俗で稼いでいた。 一方、今の女子大生は、学費や生活費を合理的に稼いで卒業するために風俗でアルバイトをしています。だから見た目は普通の学生という子が多い」。そう語る中村氏。

 この20年ほどで大学生をとりまく経済状況は悪化の一途をたどっているそうです。全国大学生活協同組合連合会(生協)が実施した「学生生活実態調査」によると、1996年の学生は平均で月額10万2240円の仕送りを得ていた。それが2013年には7万2280円と3割近く減っているのだとか。

 日本学生支援機構が実施した「学生生活調査」(2012年度)では、親からの仕送りだけで大学生活を送れる大学生は、およそ3人に1人しかいないことが明らかになっています。

1_e4

 「特に、東京の大学に通う地方出身の女子大生が風俗で働くケースが増えています」というのは、風俗雑誌『俺の旅』編集長・生駒明氏。

 「定番である飲食店でのバイトなどでは時給が1000円程度と低いうえ、激務を強いられることも少なくなく、体調を壊してしまう人もいます。それに嫌気がさすと、夏休みだけとか週に2日だけとか、自分のペースで働けて時給のいい仕事を探すようになるのです」

 中村氏はこう続けます。「時給が高く、勤務時間を自分の裁量で決められる。これが女子大生が風俗を選ぶ主な理由です」

また、高学歴の現役風俗嬢が増えているのは、雇う側の事情もあるそうです。

「同じ容姿なら高学歴のコの方が需要があります。はっきりいえば男としては、そっちの方が興奮するということです。実際に『○大在学』と売り出すと指名は多いし、リピート率も高くなります」(デリヘル店店長)

 かつての店舗型のヘルスとは違って、派遣型ヘルスだとリピーターをどれだけ獲得できるかが勝負になります。ただの女子大生ではなく、付加価値の高い有名大学の女子大生の方が需要もあるそうです。via:.news-postseven

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook