今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「持ち帰り弁当」より「コンビニ弁当」のほうが安全な理由

2014.8.3 09:00 # コメント(-)

no title

 注文すると、その場でオーダー通りに作ってくれる持ち帰り弁当。作りたてなのでコンビニ弁当よりもなんとなくおいしそうな感じがしますが、外食産業研究家の河岸宏和氏は、「コンビニ弁当と持ち帰り弁当のどちらかを選ばなければならないのなら、私はコンビニ弁当を選びます」と語ります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 その理由は、大手スーパーやチェーンの弁当屋のお米は、コストを抑えるために古米か古々米を使う店が多いからだそうです。温かい状態ならば、まだ食べられるかもしれませんが、冷めたらまずくて食べられたものじゃないそうです。一方、コンビニ弁当は基本的にその年に収穫した新米を使っているから、冷めてもおいしいのだとか。

 コンビニ弁当は添加物が多いといわれていますが、それはあくまでおかずだそうで、コンビニの弁当やおにぎりのご飯自体はほぼ添化物はないのだとか。ということで米の品質で選ぶならコンビニに軍配があがるそうです。via:nikkan-spa

 ちなみに河岸氏によると、ファミレスの人気料理であるドリアやピザに使用されているのは『チーズフード』と呼ばれるチーズの加工品の可能性が高いそうです。

 これはナチュラルチーズやプロセスチーズなどを溶かした中に小麦粉を加え、さらに乳化剤や香料などの添加物を混ぜて固めて作ったものだそうで、混ぜ物を使っている分、コストが安い為に使用されているんだとか。

 味は本物のチーズより水っぽく、うまみがないのが特徴。日本ではよく使われているので、もうすでにこの味に慣れてしまって、本物のチーズを食べても味の違いに気づかない人も多いかもしれないとのこと。

 確かに本場本物のチーズを臭いという人は多いかもしれませんね。スーパーなどで売られているのもプロセスチーズとかだし。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook