今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

下水には薬物がいっぱい。下水から「麻薬汚染度」を判定したところ・・

2014.6.3 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

no title

  欧州の主要42都市の下水に混入する乾燥大麻やコカインを含む麻薬成分を調べる水質検査がこのほど実施されたそうです。その結果、オランダのアムステルダムなどで汚染が目立つ実態が判明しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査対象の他の麻薬はエクスタシー、覚醒剤や覚醒剤の材料となるアンフェタミンなど。調査はスイスの海洋科学技術関連の連邦政府研究機関が主導し、欧州各国の政府機関、薬物対策団体、大学や研究所が参加。調査結果は英国の薬物中毒などの対策組織が刊行物に掲載されました。

 オランダ、アムステルダムでは大麻は完全には合法化されていないものの、特定の場所などでの使用には寛容な姿勢で知られています。同市は今回調査で、覚醒剤を除いた麻薬の汚染度でいずれも首位に迫っていたそうです。アムステルダムは、エクスタシーや乾燥大麻では2位。大麻での首位はセルビアのノビ・サドで、パリが3位でした。

 調査ではまた、下水に流れ出す各麻薬の成分検出で地域ごとの特性が出たようです。コカインの主要代謝物質であるベンゾイルエクゴニンはアムステルダム、アントワープ(ベルギー)、ロンドンやチューリヒ(スイス)で高濃度で、バルセロナ(スペイン)やバーゼル(スイス)でも目立っていたそうです。

 ロンドンではエクスタシーも高濃度を示しましたが他の麻薬では上位10位内に入らなかったそうです。ちなみに大麻の調査はロンドンでは実施されていません。

 エクスタシーではオランダの都市が上位3位までを占めました。ところが驚くことに覚醒剤での順位は低位だったそうです。覚醒剤の検出は、チェコ、スロバキアやドイツの一部地域が高く、トップはチェコの首都プラハだったそうです。

 報告書によると、スイスではエクスタシーが「週末用の麻薬」であることを示唆するデータが得られました。検出の量は金曜日に跳ね上がって日曜日に最高水準に達し、月曜日には激減する傾向が浮き彫りになったそうです。

 今回調査は、危険な薬物中毒の拡大阻止を目指し、有効な監視手段の開発につなげることが大きな狙いでした。薬物利用の実態解明ではこれまで当事者に対するアンケートが通常の手法でしたが、調査対象者の回答内容への信頼感が低いことが問題点となっていました。薬物利用者は時にして自ら摂取する麻薬の種類や混合の材料について把握していない事例もあるとしています。via:cnn

 軽度の麻薬で覚せい剤使用を抑制するというオランダの方針は、ある意味データで裏付けられた模様です。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook