今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

精神科病床を大幅削減、2016年より実施(厚生労働省)

2014.5.30 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

no title

 厚生労働省は今月29日、全国に約34万床ある精神科病床を今後、大幅に削減する方針を固めたそうです。これは、医療上の必要性は低いのに、地域で受け皿がないため長期入院する「社会的入院」の解消に向け、新たに「地域移行支援病床」という区分を設定。2016年度以降の診療報酬改定などで病床削減と患者の退院を誘導し、先進国の中で突出して多い精神科の入院患者を減らす考えだそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本には現在、約7万人ともいわれる社会的入院患者がいるそうです。社会的入院とは、在宅での療養が可能であるにもかかわらず、ケアの担い手がいないなど家庭の事情や引き取り拒否により、病院で生活をしている状態のこと。これが精神障害者の社会復帰の阻害を作り出す一因であるとも言われています。

 この方針は、精神障害者の長期入院問題に関する有識者検討会に同日、構造改革案として提示されました。検討会は地域移行に向けた対策を6月中にも報告書にまとめるそうです。via:.47news

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook