今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

アメリカ人女性は性や妊娠に関する知識が乏しいことが判明

2014.1.30 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e21

 米国人女性は、受精、妊娠、自身の生殖機能の健康状態といった性に関する基本知識をしばしば把握しきれていないとした調査結果が、米エール大学の研究報告でわかったそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは、米国内の18〜40歳の女性1000人を対象にオンラインでの調査が行われた結果をもとに分析されたものだそうで、調査の結果、妊娠の確率が高いのは排卵後ではなく排卵前だと知っている人は全体の10%にとどまりました。

 体位によって妊娠の確率が上がると考えている人は全体の33%以上、卵巣で卵子が常に作られていると考えている人は全体の約40%に上ったそうです。

2_e30

 また対象者のおよそ半数が、性と生殖に関する健康について医師に相談したことが1度もなく、約30%が婦人科検診に1度も行ったことがないか、行くことはあっても毎年は行かないと回答しました。

 妊婦の健康については、葉酸入りのマルチビタミン剤が出生異常の防止に効果的だと知らない人が約半数、また高齢になるにしたがって流産や不妊、胎児に異常を招くリスクが高まる可能性があることを知らない人は約20%にのぼったそうです。

1_e29

 論文の主執筆者であるエール大学のジェシカ・イルージ准教授によると、この研究によって性と生殖に関する健康についての女性たちの知識に差があることが浮き彫りになった他、女性にとっての懸案事項が医療機関ではあまり相談されていないことも分かったと述べています。via:afpbb

 アメリカの医療費とかすごく高いことも関係してそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook