今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ネットは承認欲求を満たす場所。自己愛を爆発させる女性たち、それを一旦上げて、後で叩くネットの恐ろしさ

2013.12.23 01:00 知る面白 # コメント(-)

0_e28

 「普通っぽい人が、ブログやSNSでプチ有名人になる昨今。私もそうなりたい!と思う女性たちは、自分のプライバシーやキメキメの写真を晒して、ファンの獲得に励む。それなりのフォロアーや「いいね!」が付いてくると、だんだん自分がアイドルになった気がしてきて…。」そんなネットの風潮について、中川淳一郎氏はこう分析しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットで女性たちが自己愛を爆発させがちな背景について、中川淳一郎氏はこう語ります。

 「ネットでは中途半端な美人でもすぐにチヤホヤされる悪しき伝統があります。その裏には男のエロ心があることは明白。『いつかこの娘とヤリたい』と妄想している男が彼女たちを持ちあげている構図なんですね」

 中川氏いわく、男性が好むジャンルに女性が参入してきただけで「○○女子」と喧伝し、プチ有名人を大量に生み出す風潮がネットにはあるといいます。

1_e22

 「テレビや雑誌のグラビアに登場するAクラスの美女ではなくても、有名になれるのがネットの世界。USTREAM女子の中ではかわいい、ノマド女子の中ではかわいい程度の、普通っぽい娘が認められているのを見て、『自分も!』と勘違いした女が雨後のタケノコのように出てきています。“いいね!中毒”や“リツイート中毒”に罹っているユーザーも見かけますね。『いつかは私も誰かに承認される』という妙な幻想を、ネットはつくってしまいました」

 「結局は、ある時期から彼女たちへの賞賛は嫉妬へと変化していくことが常。それは同性からのやっかみだけではなく、男性側からも噴出する可能性があります。『同じことをやっているのに、なんで女だけ目立つんだ』と憤っている男はたくさんいますから。突然有名になって頭が舞い上がっている状態の中でアラを見つけるのはとても簡単なことです」

 漫画やアニメでは、主役が物語上でさまざまに優遇されていることを“主人公補正”といいますが、つまりネットでは“女子補正”が働いているということになるそうです。これに対して、男性のフラストレーションはどんどんたまっていく一方なんだとか。

3

 さらに、中川氏はこう指摘します。

 「もう一つ炎上する理由に、ネットには金儲けを嫌う考え方があります。初めは応援していた支援者でも、相手が儲けだしたとたんに批判を始める。要するに安易に女性を持ちあげる男性たちのエロ心によって、自己顕示欲が暴走した女子を大量に生み出し、最終的にはその男性たちの手によって潰されてしまうという不毛な歴史が繰り返されているのです」

 では、ネットでアイドルさながらに顔を晒している女性は、どういった意識を持っておくべきなのでしょうか?

 「叩かれてでも目立ちたい覚悟がなければ、顔もプライバシーも晒さないこと。あと、ランチの写真をアップするなら1000円までにしたほうがいい。それ以上は庶民感覚からすると高価なため、嫉妬の種に。そして、君のそのかわいいお顔の写真は、どこかのおっさんのオナニーネタにされていることを覚えておいてくださいね」とのことだそうです。via:半端な美人にチヤホヤし、後で叩くネット時代の怖さ | 女子SPA!

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook