今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ヨーロッパ初、ドイツで第3の性の選択が認められる

2013.11.4 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e9

 11月1日より、ドイツで、男性と女性の両性の特徴を有する新生児について、性別の記載なしで出生届を出せるようになったそうです。

 これは、出生証明書の性別欄を空白のままにできるようになったということで、事実上、公的記録に「男性か女性かはっきりと決められない性」という区分が新たにできたことになります。第三の性の選択が認められたのはヨーロッパで初だそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 専門家によると、ドイツでは、推定1500〜2000人に1人の割合で両性の特徴を有し性別をはっきりと決められない新生児が生まれているそうです。

 身体的な性別を与えるために陰核縮小、停留睾丸摘出や膣形成術などの手術を行うことができるそうですが、このような手術の結果に不満を持っていない人がいる一方で、同意なしに手術されたことに怒っている人もおり、ドイツでは裁判で損害賠償の支払いが命じられた例もあるそうです。

3_e13

 2012年の欧州委員会報告では、欧州の多くの国でインターセックスの乳幼児に対し、適切なインフォームド・コンセントなしで手術が施されている実態が報告されています。

 欧州評議会は今年10月、初めてこの問題を取り上げ、「健康に必須ではなく、むしろ外見を理由とした不必要な医療的・外科的処置を幼年期・小児期に受けさせないようにする」よう加盟国に呼びかける決議を採択しました。

2_e12

 インターセックスの人たちのために活動している人たちは、第3の性の選択肢が生まれたことで、男女両性の特徴を有する新生児に対する性器手術を制限する、より大きな変化への扉が開かれるよう希望していると述べたそうです。via:afpbb

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook