今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

脳神経の異常な働きで「過食」になることが判明(米研究)

2013.9.30 09:11 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e54

 脳の中には食べたいという衝動をコントロールしている神経の中枢があり、この神経の異常な働きが過食につながっていることを、アメリカなどの研究チームがネズミを使った実験で突き止めました。この神経の中枢はヒトの脳にもあるということで、過食症などの治療に応用できるのではないかと注目されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 メリカ・ノースカロライナ大学などの研究チームは、脳の視床下部と呼ばれる部分の上にあり、食事の際に活発に働く「BNST」という神経の中枢に注目し、レーザー光線で脳を刺激する特殊な装置をネズミの頭に取り付け実験を行いました。

 その結果、この神経の中枢を刺激して働かせると、ネズミは満腹でも餌をひたすら食べ続けましたが、働きを抑えるとネズミは空腹になっても餌を食べなかったということです。

3_e0

 研究チームによりますと、食べたいという衝動をコントロールしている神経細胞が特定されたのは初めてです。
この神経の中枢はヒトの脳にもあるということで、研究チームでは過食症などの摂食障害の治療にも応用できるのではないかとしています。

 研究チームのギャレット・スチューバー准教授は「この神経の中枢をターゲットにすれば、将来的には過食症の薬の開発も可能になると思う。ヒトでも研究を進めて、薬の候補となる物質を見つけ出したい」と話しています。

via:脳神経の異常な働きで「過食」に NHKニュース

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook