今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

世界陸上選手権でロシアの女性陸上選手同士が表彰台でキス、同性愛規制法への抗議かと話題に

2013.8.21 09:00 動画歴史・文化 # コメント(-)

0_e6

 モスクワで開催された陸上の世界選手権で、女子4×400メートルリレーの金メダルを獲得したロシア選手2人が表彰台でキスを交わしたそうです。

 ロシアでは同性愛の宣伝を規制する法律が成立したばかりで、これに対する抗議行動なのかと話題となっていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 壇上でキスをしたのは、ロシアのタチアナ・フィロワ選手(左)とクセニヤ・リジョワ選手(右)。
1_e7

 ご存じのとおり、ロシアでは最近、未成年者の前で同性愛者の権利や関係について話すなどの「宣伝行為」を禁止する法律が成立しました。

 これに対して同性愛者擁護団体などが「ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害や南アフリカの人種隔離政策に相当する」と強く反発し、2014年ソチ冬季五輪のボイコット運動にも発展。一方、ロシア当局は「差別ではなく、子どもを守るための法律だ」と主張しています。

2_e7

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターが最近世界各国で実施した世論調査によると、ロシアでは「同性愛は社会に受け入れられるべきではない」との意見が4分の3近くを占め、「受け入れられるべき」と考える人は16%にとどまったそうです。

 これに対し、米国では同性愛反対派が33%、擁護派が60%。英国では反対派18%に対して擁護派が76%と、ロシアとほぼ正反対の結果が出ています。



 そんな中、今月19日、ニュージーランドで同性同士の結婚を認める法律が施行されました。同性婚の合法化は世界で14カ国目、アジア太平洋地域では初めてとなるそうです。

 世界では2001年のオランダを皮切りに、ベルギー、スペイン、ノルウェー、フランスなど欧州の9国が同性婚を合法化しました。欧州以外ではアルゼンチン、ウルグアイ、カナダ、南アフリカなどが合法化しています。また、ブラジル、メキシコ、米国では一部地域が同性婚を認めています。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook