今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

イシンバエワ、反同性愛発言は「誤解」と弁明

2013.8.20 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e5

 ロシアの陸上・女子棒高跳び選手、エレーナ・イシンバエワ(31)は16日、前日の自身の反同性愛的な発言を弁解する声明を発表し、同性愛者への差別意識はないとコメントしたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 イシンバエワは15日、第14回世界陸上モスクワ大会(の女子棒高跳び決勝で金メダルを獲得したが、同日に行われた記者会見で熱弁をふるってロシアの反同性愛法を擁護し、ロシアでは「男は女と、女は男と住んでいる」と話しました。

 この反同性愛的な発言が大きな波紋を呼び、人気アスリートの地位を失おうとしているイシンバエワは、発表した声明の中で「私は性的指向に基づいた同性愛者への差別には反対しています。英語は私の母国語ではないので、昨日(15日)お話しした時には誤解をされてしまったと思います」と釈明。しかし謝罪の言葉はなかったそうです。

1_e6

 現在問題になっているロシアの反同性愛法は、6月にラジーミル・プーチン(大統領によって成立されました。この法律は、未成年への同性愛プロパガンダ(宣伝)行為が刑罰の対象になるというものですが、活動家らは同法が同性愛者の弾圧に繋がる可能性があると危惧しています。

 ロシア当局は、2014年に同国で開催されるソチ冬季五輪で同国を訪れる者はこの法律を順守しなければいけないというスタンスを示しており、同法が適用される恐れから、五輪をボイコットしようとする動きが世界のあらゆる場所で見られています。

 15日の記者会見でイシンバエワは、所々たどたどしい英語で同性愛について、「ああいうことの奨励することが許されるようになることは、この国にとって恐ろしいこと」と話していました。「ここ(ロシア)ではすべてが正しくあるべき。われわれの歴史を見ても(同性愛のような)問題はこれまでなかったし、今後もそのようなことがあってほしくない」と。

2_e6
 
 16日に出された表明で、イシンバエワは、「私は他のアスリートの考え方を尊重している。性的指向に基づいてゲイの人たちを差別することは五輪憲章でも禁じられており、私はそういうことはしないと強く主張したい」とコメントしました。

 しかし、「人々は、他の国を訪れる場合は特に、各国の法律を尊重するべきだ」と反同性愛法に対する考え方は曲げませんでした。

3_e5

 五輪で2度、世界陸上で3度の金メダルに輝き、国際オリンピック委員会の親善大使も務めているイシンバエワは明るい性格の持ち主としても知られ、これまで多くのファンやスポンサーを獲得してきました。

 ところが今回の騒動でこれまで汚点ひとつなかった自身の経歴に大きな傷をつけてしまい、16日の声明によって地に落ちたイメージが少しでも修復されることを目論んでいると見られています。

 イシンバエワの発言には、多くのスポーツ界の偉人からも呆れ声と批判が上がっているそうです。

4_e6

 陸上・男子400メートルの世界記録保持者のマイケル・ジョンソン(米国)氏は、発言について「とても愚かな判断で、とても愚かな見解」だと非難。

 現在英国放送協会(BBC)のコメンテーターとしてモスクワを訪れているジョンソン氏はまた、「イシンバエワは、絶大な権力を持つ人々からの後援を受けている。その後援者たちが恐らくこのような考え方をしているのだろう」と話しました。

5_e5

 また、2000年シドニー五輪の陸上・7種競技で金メダルを獲得した英国のデニーズ・ルイス氏は、今回の騒動でイシンバエワはイメージだけでなく、懐にも打撃を受けるだろうと話します。

 ジョンソン氏同様BBCのコメンテーターであるルイス氏は、「彼女が世界情勢を理解していないのは明らか」と言います。

 「あのような意見を公言する時はもう少し注意した方がいいと、マネジャーが教えていなかったことに驚きを感じる。世界的スターの彼女にとって相当なダメージとなったはず」

via:afpbb

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook