今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「粉ミルクは愛を損なう」ベネズエラ議会で哺乳瓶禁止の動き

2013.6.20 09:00 知る歴史・文化 # コメント(-)

0_e19

 粉ミルク&ヤギの乳で育ったパルモに対しての挑戦状かと思ってしまったわけなのですが、母親の捻じ曲がった愛情という名の過干渉に悩まされ続けてきたのでじゃあもういいです。

 ていうことで愛情あふれるラテン気質、南アメリカ大陸のお話です。べネズエラ議会は、粉ミルクではなく母乳による育児を促進させるため、哺乳瓶の使用を禁止する法案について審議を始めることになったそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 この法案は、子どもの健康を向上させる措置として「全ての哺乳瓶を禁止する」としており、与党・統一社会党ののモンゾン議員は13日、国営テレビで「多国籍企業が粉ミルク販売の結果で失われてきた(母子間の)愛を増大させたい」と話したそうです。

3_e26

 モンゾン議員によると、母乳による育児を促す法律は2007年に承認されたものの、粉ミルクを使用した際の罰則規定は設けられなかったそうです。同議員は、今回提出された法案が可決された場合、どのような罰則が科せられるかについてはいまのところ言及はしていません。ただし、母親が死亡した場合や母乳の出が悪い女性などは、例外的に哺乳瓶の使用が認められる見通しだそうです。

2_e27

 母乳信仰というか母乳崇拝というか、母乳こそ正義みたいな風潮は一部先進国家に蔓延しているようですが、逆に母乳で育てることのできなかった母親を精神的に追い込みはしないかという心配はあります。精神的にダメージを受けると母乳の出も悪くなるとかいうし、悪循環になっちゃうとか心配するのは、やはり私が人間の母親でなく代理母であるヤギの愛情を感じているからでしょうか?っていうかみんなヤギ飼っちゃえ。ヤギはいいよヤギは。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook