今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

新ローマ法王が少年院の受刑者たちの足を洗いキスをする「洗足式」の様子

2013.4.2 09:00 動画歴史・文化 # コメント(-)

no title

 初めて見たので結構衝撃的だった、フランシスコ新ローマ法王が行った「洗足式」と呼ばれる儀式の様子です。洗足式は、イエス・キリストが最後の晩餐で12人の使徒たちの足を洗ったことに因んで行われる儀式で謙虚さを表すものとされているそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加



 洗足式はローマ市内の少年院で行われたそうで、新法王は少女2人を含む収容受刑者12人の足を洗ったそうです。ローマ法王が少年院で洗足式を執り行うのも、儀式の対象に女性を含めるのも今回が初めて。儀式の対象となった少女2人のうち1人はイスラム教徒で、これも史上初だそうです。

1_e27

2_e28

3_e22

5_e15

4_e18

 歴代のローマ法王は、復活祭前の「聖木曜日(Holy Thursday)」に、ローマのサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂、またはバチカン市国のサンピエトロ大聖堂でこの儀式を行い、12人の使徒に見立てた年齢と国籍の異なる12人の司祭の足を洗うのがバチカンの伝統でした。

 前ローマ法王のベネディクト16世が2007年に儀式を一部変更し、司祭ではなくローマに住む12人の男性信者を選出するようになりましたが、フランシスコ法王は今年の洗足式の対象に女性も含めたことで、カトリック教会の伝統に大きな変革をもたらしました。

 しかしながら、カトリックの伝統を重んじる人々はキリストの使徒が全員男性であったと信じており、今回の儀式に女性2人が含まれたこと、さらにうち1人はセルビア系イスラム教徒だったことで、信者の間であつれきが生じる恐れがあるそうです(via:AFP

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook