今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

何故人は争うのか?第二次世界大戦中の戦場にいる子どもたちの写真

2013.2.27 21:00 画像歴史・文化 # コメント(-)

0_e38

 戦争は良くない。子どもの頃からそう習い、誰もが知っていることが、何故繰り返し起きるんだろう?これらの写真は第二次世界大戦中に撮影された戦場と子どもたちの写真だそうです。目を背けたくなる現実が、実際に行われていて、今もどこかで行われています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

野戦病院で負傷したフランス人の女の子を治療するアメリカの医師(1944年)
kidsonwar01_e

病院に手紙を運ぶ途中、ドイツの狙撃兵によって殺害された子どもの配達員の墓
kidsonwar03_e

ワルシャワ蜂起で負傷した子ども
kidsonwar04_e

ワルシャワの廃墟の中にたたずむポーランドの少年。彼の家はドイツの爆撃によって破壊された。
kidsonwar05_e

彼の両親はドイツのV-2ロケットにより死亡した。一人残されたロンドンの少年
kidsonwar06_e

V-2ロケットによって破壊された家屋の廃墟にいたロンドンの女の子。
kidsonwar07_e

ドイツの爆撃によって破壊された家屋の廃墟の上に残された人形を抱いたイギリス人の子
kidsonwar09_e

ロシアの少年にパンを与えるドイツ兵。
kidsonwar10_e

ベルギーでドイツの攻撃により殺された子どもを見るアメリカ兵
kidsonwar11_e

戦争中にに脚を失ったイタリア、ナポリの少年
kidsonwar12_e

チェコの少年を保護するソ連の下級将校
kidsonwar13_e

空腹の赤ちゃんの死体をもつ強制収容所の男性、ワルシャワ
kidsonwar15_e

娘を保持するギリシャ兵
kidsonwar16_e

ドイツ軍の戦車に座るロシアの少年
kidsonwar17_e

上海の駅のホームで泣いている赤ちゃん
kidsonwar18_e

十代のソ連少年兵士
kidsonwar19_e

ソ連の収容所で死んだ母親をさわる子ども
kidsonwar21_e

ワルシャワの路上に横たわる衰弱した子ども
kidsonwar23_e

ワルシャワの路上で物乞いをする2人の子ども
kidsonwar24_e

死亡した民間人の死骸を見るウクライナSSのメンバー
kidsonwar25_e

収容所の人々の大量の死体
kidsonwar26_e

マニラの街でフィリピン人孤児
kidsonwar28_e


 血で血を洗う大きな戦争ではなくても、ほんのささいなことでの小競り合いは、いたるところで起きている。まるで戦うことを止めたら、何かと争わなかったら存在価値がないとばかりに・・・。

 DNAに刻まれた闘争本能と、後天的に学んだ社会的モラルとの内なる戦いに決着がつかない限りは、争わない日はこないのかもしれないし、争わない日がくると、もしかしたら人類は滅んでしまう可能性があるのかもしれないし、考えれば考えるほどわからなくなるけど、でもなんで争いの歴史は止まないんだろう?

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook