今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

記事タイトル一流サッカー選手の脳はより活発に働く(英研究)

2013.2.7 09:00 知る面白 # コメント(-)

no title

スペイン1部リーグ、FCバルセロナのリオネル・メッシがフェイントをかけたり、瞬時に方向転換する能力は、一般の選手よりも脳の働きが活発である可能性が、研究によって報告されたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャーナル・オブ・スポーツ・アンド・エクササイズ・サイコロジーに発表された英ブルネル大学の研究チームの報告によると、高度な技術を持ったサッカー選手は対戦相手が接近してきた時、技術の劣る選手よりも脳のより多くの部分を活動させ、より良い反応を見せることができるとのこと。

  また、研究では経験を積んだ選手は本能的な反応を抑えることができるため、相手選手がトリックにかけようとしても抜かれることが少なくなるとしています。

1

 研究では、サッカー初心者からセミプロ選手まで39人をMRI(磁気共鳴画像装置)に横たわらせたうえでジュニア代表レベルの選手がドリブルして向かってくる映像を見せました。向かってくる選手は時折フェイントを入れてくるため、被験者はその選手と対峙(たいじ)するためにはどこへ動けば良いかを示しました。

 被験者は課題をいかに上手く行ったかでグループ分けされました。ここから、優秀な被験者は技術の劣る被験者よりも向かってくる選手の動きにより適応できることが分かったそうです。
via:afpbb

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook