今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

アメリカ在住の吸血鬼男性、巨大情報交換サイトに血液提供者募集広告を出す

2012.11.19 09:00 知る面白 # コメント(-)

no title

 米ワシントン州シアトル在住の吸血鬼男性が、アメリカの地域別情報交換をネット上で行っているコミュニティーサイト大手、クレイグズリストに吸血広告を出したそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 見た目の人間年齢21歳(実年齢は不詳)、とび色の髪と灰色の瞳の色をしたこの男性は、誰かを傷つけることを望まないので吸血広告を出すにいたったのだとか。

 この広告を読んでいるみなさん、ごきげんよう。

 私は明確な理由があって名前を明かせないが、私が吸血鬼であるということだけは知っておいてもらう必要がある。私は今血に飢えている。私は血を捧げてくれる人を募集する。いやマジで、遊びとかじゃなく吸血鬼的な意味で本当に必要なんだ。

 血液を提供してくれるのは男性でも女性でもかまわない。ただ、どちらかと言えば男性の方がいい。なぜなら女性の血液を飲むと女性っぽくなってしまうからだ。血液型はAB型かO型が望ましい。私が長年愛飲してきた血液型なので口にあっている。

 血を提供してくれた人はいまだかつてない経験をすることであろう。吸血鬼である私と親密な間柄になれるのだから。

 この広告を11月8日に掲載した理由は、この日はドラキュラの著者であるブラム・ストーカーの第百六十五誕生日だからだ。

 ということで血液提供者が見つかったのかどうかはわかりませんが、海外にはたまーに本気で自分が吸血鬼であるということを信じている人がいるようです。

sourceVampire seeks blood donor | Orange UK

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook