今日の気になるニュース

カラパイアの最新記事

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

1880年代に実際に使用されていたとされる男性用アンチマスターベーションデバイス(貞操帯)

2012.8.14 18:45 画像歴史・文化 # コメント(-)

0_e

 西洋ではオナニーが聖書の説くところの罪にあたるか、道徳的に許されるかなどが古来より議論の的となっており、ユダヤ教・キリスト教では、性交は生殖のために神から命ぜられた行為であると位置づけられているため、生殖を目的としない行為であるオナニーは売春などと同様に神の命令に背く行為とされ非道徳的であり、罪にあたるとする伝統もあったそうです。

 其の為こういった男性用の貞操帯を身に着けていた人もいるそうで、これは1880年代に使用されていたとされるアンチマスターベーションデバイスなのだそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:Anti Masturbator (6 pics)

 穴があいているのは尿対策かな?勃起するだけで痛みそうなんだけど、所有権のある方どうですか?

1_e5

2_e7

3_e5

4_e4

5_e4

6_e3


 男の貞操帯は他にも
10 anti-masturbation devices

10_e0

13_e0

15_e0

11_e0

1915年、フランスのものは電流流れる仕様だったそうです。
14_e0


▼あわせて読みたい
男性器用孫悟空の輪、大きくなるとトゲが刺さるドイツのマスタベーション防止リング
  孫悟空が悪さをしたら、頭の輪がぎゅいんとしまるがごとく、勃起をするとリングのトゲトゲにペニスが食い込み性欲を撃墜させるというマスタベーション防止用リングは、1894年、ドイツで売られていたものだそうです。

動画で観察「男性用貞操帯のしくみ」
 透明なアクリル樹脂でできている海外で支持率の高いと言われている男性用貞操帯の構造が理解できる映像なのだそうです。玉袋の裏側にリングを装着し、本体をペニスにパカっと被せます。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook