今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

メンタル崩壊しやすい男性の職種10

2012.8.3 09:00 知る面白 # コメント(-)

01
 最近では新型うつ病が20-30代を中心に増えているそうです。うつ病の原因には、内的要因(本人の気持ち・心構え)と外的要因(周りの環境・人間関係など)があり、両方がからみあい、発病してしまうというメカニズム。

 その外的要因が過酷であるほど、精神をこわしやすく、うつ病になってしまう可能性が高まるわけです。心理カウンセラーのyanagiさんが、メンタルをやられやすい男性の10の職種をピックアップしてくれたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加



ソース:超絶ブラック!? メンタルをやられやすい男性の職業10個【前編】 | Menjoy! メンジョイ

1:ブラウザゲーム・スマートフォンアプリのプログラマー


現代の“花形職業”のひとつですが、そのぶん納期も厳しく、毎日終電などということも珍しくありません。また、新興のベンチャー企業が多いせいか、賃金が安かったり社会保険などの福利厚生が整っていなかったりと、悪い条件が重なっています。離職率が高い職種のひとつに挙げられているほど定着率も低く、うつなどの精神的な病を患って退職していく人が後を絶ちません。


2:クライアント常駐型SE(システム・エンジニア)


“IT系ブラック企業”と呼ばれている会社も多いSE派遣業界。基本給が低いうえに残業代が支給されなかったり、就業時間終了後に会議が始まったり、残業で会社を出るのが終電ギリギリならば早い方だったりと、過酷な環境を強いられている場合がほとんどです。就活サイトや求人誌にいつも求人広告を載せていたりするような会社の場合は要注意です。


3:パチンコ店社員


最近は環境改善が進んできたとはいえ、あの騒音とたばこの煙の中で終日過ごしているわけですから、楽な仕事ではありません。社員はほぼ例外なく昼夜2交代制で、休みは週1回程度です。勤続年数が長ければ出世できる可能性が高い業種と言えますが、そのぶん上司に粗暴な人が多かったり、経営者が裏社会関係者だったりと、気の休まるような職場とは言えません。終日重たいパチンコ玉やメダルを運んでいるので、腰痛を患う人も多いようです。


4:コールセンター管理者


顧客からの高度な質問やクレーム対応など、職務内容そのものもメンタルにダメージの出やすい仕事ですが、コールセンターの管理者の場合はそれ以上に、“職場の女性比率が高い”ことがなおさら彼らの精神をむしばんでいきます。女性スタッフ同士の派閥争いをなだめたり、言われなき噂に耐えたりするのは日常茶飯事。マトモな神経を持っている男性は例外なく体調を崩します。


5:外食系チェーン正社員


概には言えませんが、某居酒屋チェーン店では過労死も発生したほど、職場環境はおおむね劣悪の極みです。料理や飲み物を低価格で提供するために人件費をカットし、その分従業員を酷使したりするので、フィジカルはもとよりメンタルをやられてしまう人が続出しています。


6:家電量販店


外食チェーンと異なり、正社員だけでなく派遣社員でもかなり厳しい職場です。従業員を使い捨てるようなこともしばしば。体育会系色が根強く、脳味噌まで筋肉でできているような頭の固い中高年層が幅を利かせていることも多いので、若い男性にとっては特に苦痛の絶えない業種です。


小学校・中学校教師


子供の多様化やモンスター・ペアレントと呼ばれる常軌を逸した保護者への対応に追われ、気づかないうちに精神を病んでしまう教師は少なくありません。最近、大津市の中学校で発生したいじめ問題が連日のように報道で取り上げられていますが、教育委員会という旧態依然とした組織にも大きな問題があり、現場の教師への圧力となっていると言えます。


8:自営業・個人事業主・零細企業の社長や代表


いずれも、この不況下でやりくりに七転八倒している人々です。明日をも知れない日々を送っているので、精神的には相当きつい状態です。リーマンショック以降に独立した人よりも、それ以前の好景気を知っていて今苦しんでいる人のほうが、“よい時代”を知っている分だけダメージは大きいと言えるでしょう。


9:自衛隊員


いざという時には私たちを守ってくれる存在ですから、それだけに日々の訓練は相当に厳しいものです。鍛え上げられた隊員はもちろんタフな人たちですが、タフになる前に肉体的・精神的に参ってしまう人も少なくありません。世代が若くなるに連れてその傾向は増すようです。


10:原発作業員


、世界で最も過酷で恐ろしい環境下で仕事をしている人たちではないかと思います。彼らは放射能という見えない恐怖を感じながら、日々の作業を行っているのです。しかも、多くの作業員は日雇いや下請け会社などの方々で、原子力の専門家でさえありません。危険な環境下で働いているにも関わらず、給与はそれほど得られていないという証言も出ています。現職の作業員のみならず退職した人たちにも、カウンセリングなどの心のケアが必要だと言われています。

 ということですが、実際には、男性が精神をやられる職場環境というのは、職種よりも上司や同僚の影響によるところが大きいのだそうです。っていうかじゃあどんな職業でも関係ないじゃんってことになるわけですが、精神が持ちこたえられるかどうかって、従事している職種の適正もかかわってくるのではと思います。長続きする仕事としない仕事ってあるわけで、何をやっても長続きしない人は別ですが、もともときちんと学校などに通えていた人や、ゲームならどんな過酷な状況でも生き延びられる人の場合は、ジョブチェンジも視野に入れた方がいいのかも。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook