今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

米HBOテレビドラマ、「ボードウォーク・エンパイア」の驚くべきVFX(視覚効果)技術

2012.1.20 01:00 動画映画・テレビ # コメント(-)

no title
 米HBO放送局の人気テレビドラマ「ボードウォーク・エンパイア」は、制作費がテレビ史上最高金額を記録、2011年のエミー賞では15部門18ノミネート中、今年の作品のなかで最多の8部門受賞を記録し、テレビドラマの枠を超えたとして話題となっていましたが、最先端のCG技術を使ったVFX技術もかなりのもので、そのメイキングシーンが公開されていました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:Boardwalk Empire VFX Breakdowns of Season 2 on Vimeo



こちらはシーズン1のものです


あらすじ:ソース
舞台は全米で禁酒法が施行されたばかりの1920年、場所はニュージャージー州アトランティック・シティ。スティーヴ・ブシェミ演じるイーノック・ナッキー・トンプソンは、郡の出納でありながら、当時「快楽の都」と言われたアトランティック・シティで、酒の違法取引で私腹を肥やす計画を立てる。

男として筋を通す政治家として一目置かれる一方で、ホテル住まいをしながら複数の愛人をもち、派手で自堕落な生活を送るナッキー。弟で保安官のイーライ(シェー・ウィガム)、復員したかつての弟分ジミー(マイケル・ピット)、NYのマフィア、チャールズ・“ラッキー”・ルチアーノ(ヴィンセント・ピアッツァ)、ジミーの母でルチアーノの恋人ジリアン(グレッチェン・モル)、ナッキーの違法酒ビジネスに協力する黒人ギャング、チョーキー(マイケル・K・ウィリアムズ)といったキャラクターたちの思惑と感情が、違法の酒取引を軸に複雑に絡みあう。そしてその裏には、公民権運動や権力の腐敗、女性の社会進出といったアメリカの歴史を紡ぐさまざまなサブテーマが織り込まれている。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook