今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

親しい人が亡くなったら悲しみの証として指を切断するインドネシア、ダニ族の葬儀風習

2011.12.21 21:00 画像歴史・文化 # コメント(-)

風習

 最近ネットでは、北朝鮮で亡くなったた金正日総書記の死去に嘆き悲しむ国民たちの映像が話題となっていますた、ところかわってインドネシア領イリアンジャヤの中央高地に住むダニ族( Dani tribe)は、木と石だけを道具として原始的な生活を営む裸族のひとつだそうです。一夫多妻制のダニ族では、家族や近縁など親しい人の葬儀に際し、悲しみを表現する方法として顔や体に黒い泥を塗り、若い女性や少女の指を切断するという風習があったそうです。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
source :Dani Tribe Practices Finger Cutting Instead of Mourning | Oddity Central - Collecting Oddities
パプアニューギニアにおける肉親の死去に伴う手の指の切断の風習 | OKWave

 指を切断するという物理的な痛みや悲しみが、死者を亡くしたことに対する心の痛みとリンクして、死者の魂が浄化されると考えられているそうです。

 フィールドスタディの記録によると、女性は無理やりに葬儀の現場に連れてこられます。上腕部をきつくしばり、手を岩に打ちつけてしびれさせ痛覚を弱めたうえで、葬儀専門職の手によって石斧で指の第二関節から先を切断されるのだそうです。切断後ただちに手は葉でくるまれて止血されます。女性はその後まる1日、手を上げた状態で過ごすのだそうです。

1

2

3

 女性の指切断の風習は、ダニ族が1960年代に宣教師らに発見されて以来、徐々になくなりつつあるそうですが現在でも稀に行われるそうです。指切断は女性だけの習慣ですが、男性の場合は同じ理由で耳を切断するという風習があったようです。現在は指切断に替わって体に泥を塗る、という形で喪に服すのが一般的になりつつあるようです。


この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook