今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

名前が似てるから。人体解剖のアレとハーゲンダッツをコラボしてみた。

2011.9.15 12:00 動画面白 # コメント(-)

ha-gen
 遺体保存技術「プラスティネーション (Plastination) 」を利用し、リアル人体を生生しく展示することで話題となったフォン・ハーゲンス。おいしいアイスで有名となったハーゲンダッツ。ハーゲンスとハーゲンダッツ、似てね?似て非なるものじゃね?ってことでハーゲンダッツのアイスに人体をおいしくトッピングしちゃったとかいうコラボCMが出来上がっちゃったみたいなんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:Gunther von Haagen-Dazs | jwz



関連記事:
遺体保存技術を利用して作られた、人間の遺体でアートする展示会「ボディーワールド」に批判の声
ボディーワールドとはフォン・ハーゲンス氏が開発した遺体保存技術「プラスティネーション (Plastination) 」を使って標本化した人体を様々なポーズを付けて展示をするというもの。

人体展で有名なドイツの解剖学者、人体標本のネット販売を開始
人体標本展の開催などで知られるドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏が、ついに人体標本のインターネット販売を開始したそうです。

人体展に使用される死体の保管・加工をするプラスティネーション社の工場内部画像(中国・大連)
フォン・ハーゲンス博士による人体解剖展に展示される、本物の人体(死体)を、加工、保存処理している会社が、中国大連にあるそうで、その工場内の様子の画像が公開されていたようです。


この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook