今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「ストレスが多いと老ける」が科学的に実証される。原因はアドレナリン(米デューク大学)

2011.9.1 09:00 知る面白 # コメント(-)

老化 「ストレスに晒されている人は老けるのが早い」とは良く言われることですが、米デューク大学医療センターの研究者が、実際にそれを裏付ける仕組みを解明したそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:スラッシュドット・ジャパン サイエンス | 「ストレスが多いと老ける」は本当。アドレナリンが原因


 アドレナリンは神経伝達物質で、ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがあることで知られていますが、アドレナリンにより遺伝子細胞が損傷を受けることで、老化が早まるのだとか。

 画像ソース:まぎれもなく老化 (studio-pool.com)
Old3

 また、慢性的なストレスは、遺伝子を損傷させるだけでなく、がん抑制遺伝子であるP53の機能を低下させることも明らかになったそうです。今回の研究は慢性的なストレスが白髪から悪性腫瘍まで、様々な異常を引き起こす仕組みを大きく解明する手がかりとなるとして注目を集めているそうです。

 DNA遺伝子を傷つけるのは発がん性物質、最近では放射能などがおなじみですが、もしかしたらそれ以上にストレスが遺伝子を損傷させている可能性があるというわけですね。

 タバコをやめたことによるストレスと、タバコを吸うことによる発がん性物質の吸引。どっちが遺伝子をたくさん傷つけることになるのかなー?でも外でタバコを吸うことでみんなに嫌がられるのでそれはそれでストレスだし、また、自分では気がつかないところで勝手にストレスを感じている場合もあるわけだし、なかなか奥が深いストレス化社会なんだってばもう。ってことなんだと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook