今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

三島由紀夫監督・主演映画「憂国」1966年

2011.8.29 01:00 動画映画・テレビ # コメント(-)

腹きり 三島由紀夫の短編小説「憂国」を1966年に映画化した作品。三島由紀夫自身が監督・主演・脚色・美術を務め映画化され、内外に大きな反響を起こしたそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:付録部 blog-bu : 【動画】三島由紀夫の『憂國』 (英語版オリジナルスコア)




wikipedia参照
2・26事件に際して友人たちの所属する反乱軍を勅命によって討たざるをえない状況に立たされた武山中尉が、死を選び妻・麗子と共に切腹する過程を描いた作品である。洗練された構成と、「大きな鉢に満々と湛(たた)えられた乳のよう」な肌の白さ(妻の肌の美しさを表す表現)、などの優れた描写により、短編ながら完成度の高い作品となっている。三島自身も「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのような小説を読みたいと求めたら、『憂国』の一編をよんでもらえばよい」と述べている。またこの作品の切腹の描写の凄惨さは、三島が実際の切腹を冷静に捉えており、そこに美を見いだしてはいないようにも思えるため、三島が切腹を評価してはいなかったのではないかとも推測される。


YOUTUBEバージョン






 高校時代、三島作品を読みふけっていたそんな時代がパルモにもありましたが、一番好きな作品は「音楽」でした。その流れでレイモン・ラディケ作品を読むようになってってやっぱり当時からアレだったんだなー。しみじみ。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook