今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

やりすぎちっち。デフォルメしすぎ、自分捕り画像加工11の失敗例

2011.8.21 21:00 画像面白 # コメント(-)

自分鳥 ネット上にアップした画像は末代まで語り継がれてしまうもの。通常より5割増しぐらいで美しい写真を残したい。そんな人々の望みを軽く叶えてくれちゃうのがお手軽簡単画像加工術なのですが、あまりにもこだわりすぎた為に、全体からみたら不自然な部分が露出してしまったとかいう、そんな人々の失敗画像加工例が特集されていました。でもってこの画像も末代まで語り継がれちゃうことになるんですね。やっぱネットって怖いところなんだわ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ソース:Izismile.com - Overly Complimentary Photoshop Fails (11 pics)

■1.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_01

■2.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_02

■3.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_03

■4.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_04

■5.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_05

■6.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_06

■7.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_07

■8.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_high_08

■9.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_09

■10.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_10

■11.
overly_complimentary_photoshop_fails_640_11


余談ですが、パルモの場合にもよる年波に抗う為に、友人と連れたって美容に効くといわれている、いろんな美容整形外科を毎週訪問作戦実施中なのですが、リアル世界の人体改造術もなかなかにディープで面白い。テレビで有名なYES!高須クリニックの高須先生は、画像加工ツールを使って、クリニックで撮影した写真を元に、ここにこの施術をするとこうなると、クリックひとつでシワを伸ばしたりシミをとったりと、シミュレーションしてくれるわけで、その手さばきと巧みな話術に「おおこれは!」と流れのままにやっちゃおうかと思う勢いだったのですが、渡された見積もり請求書が200万を超えていたのを見て現実に引き戻されました。

 リアル顔の修正は莫大な費用と痛みがともなう。というわけで、更に追跡調査を進めていきたいと思います。ていうか研究しすぎて、軽くアドバイスできるレベルにまで達してます。すげえオレ、経験値あがってる。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook