今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

中高年に朗報!脳の黄金年齢は40代から60代だった!?(米研究)

2010.8.22 14:32 知る面白 # コメント(-)

脳  パルモの物忘れが激しいのと、うろ覚えなのと、いい加減なのは、よくよく考えてみたら子どもの頃からで、ランドセルをしょうのを忘れたまま通った小学校、ビーチサンダルのまま体育の授業を受けた中学校、ブルマを忘れて隣のクラスの子の生暖かいヤツを借りていた高校時代と、今にして思えばあの頃の方がやばかったと、ほっと胸をなでおろしていいのかどうかよくわかんないのですが、最新の研究で、脳の機能の一部は年齢と共に活性化し、中高年は若者に比べて、より優れた問題解決能力を発揮することが分かったそうなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳の黄金年齢は40代〜60代

 米紙ニューヨーク・タイムズで健康と医療科学の記者を務めていたバーバラ・ストローチ氏によると、脳の黄金年齢は「40代〜60代」であるとのこと。

 ストローチ氏の著書によると、米シアトル縦断研究(の研究者らが6千人を対象に、1956年から7年ごとに脳機能テストを実施したそうです。その結果、被験者の多くは40代後半〜50代の時の方が、20代の時より認知テストの結果が優れ、特にボキャブラリー、空間感覚、問題解決能力においてより高得点を得ました。一方、計算能力や瞬発力などは若い頃に及ばなかったとのことです。

Brain_Cake


 また関連の研究によると、脳は身体と違って年齢と共に細胞が衰えることはなく、逆に中年になると脳細胞の代謝が速くなり、脳リン脂質の含有量が高くなるそうです。

 脳の働きを活性化させるこの物質の量のピークが50代〜60代。従って、中高年はより知恵があり、問題解決能力に優れているのだそうです。
 
 確かに忘れ物含有量は若い頃からかわりありませんが、昔みたいにブチキレて、路上で乱闘っていう大盤振る舞いは最近めっきりしなくなったなぁ。その後の事後処理が大変っていうのがわかりかけてきた今日この頃です。

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook