今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

オーストラリアの警察官、「ペニス芸はパーティートリックです!アートです!」と主張するも忘年会の「ペニス芸」で解雇。

2010.7.21 09:30 知る面白 # コメント(-)

penisgei オーストラリアの査部長のアンドリュー・ローレンスは、2008年12月に中華料理レストランで行われた職場の忘年会(クリスマス・パーティー)で、ペニスに装着してあるピアスを使って、ビール瓶の蓋を開けるという自慢の「ペニス芸」を妻や同僚の前で披露。

 これを見ていた、彼を以前からよく思ってない参加者の誰かが通報し、「警察官として不適切である、上官として好ましくない行動」と上層部に密告。解雇処分を受けた模様。

 ローレンスは「自分のした行動に行きすぎがあったことは認めるが、解雇処分は不当である。」とし、訴えを起こしました。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pierced penis party-trick cop 'didn't mean to offend'
(via がらくたGALLERY


 実はローレンス氏、3年前にも同じようなシチュエーションでペニス芸を披露していて、このときはカウンセリングを受けるようにとの指示で終わったそうですが、今回は2度目ということで、裁判所でどういった処分が下されるのか?今後の展開が見所ではあります。最初の出廷では「同僚にそそのかされてやった。人の気分を害するのを目的としてやったことではない」と主張しているそうです。

andrew-lawrance


 現在はパートタイムのお仕事をしているというローレンス氏。そんなローレンスに以外なところからオファーがあったそうです。

 それは、オーストラリアでは有名なペニス芸を生業とするパフォーマンス集団「 PUPPETRY OF THE PENIS (パペトリー・オブ・ザ・ペニス)」。集団を率いるプロデューサーのデイビッド・フォスター氏は、ローレンス氏の参加を心より待ち望んでいるそうです。

 【PUPPETRY OF THE PENIS 公式サイト】
01


 彼らはペニスをハンバーガーや腕輪などに擬態させたり、人形に見立ててちょっとした擬人化ショーを行ったりしています。

 その様子は公式サイトの[VIDEO]コーナーで確認することができます。一番わかりやすいのは05.のHumbergerかしら。[Galley]コーナーも要チェックよろしくです。
02


この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook