今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

「籠民」鉄製の檻、ケージハウスで暮らす香港の人々

2009.12.27 19:00 動画歴史・文化 # コメント(-)

香港 香港の『籠民』とは一畳ほどの金網でできた、にわとり小屋のような籠(ケージ)の二段ベッドで暮らす人たちのことで、 日本でいえば山谷ドヤ街の簡易宿泊所のようなところなのだそうです。

空調設備もない、衛生状態も最悪な、独房よりも狭いこの檻の部屋で暮らしている香港の人々は約13万人いるそうです(うち、子どもの数は2万人)



このエントリーをはてなブックマークに追加
香港の人口800万のうち、約130万人は貧困境界以下の生活をしているそうです。香港の物価は高く牛乳1リットルが525円するそうで、貧しい人々はそんな中1ヶ月日本の物価レベルで6万円ほどで一家が暮らしていかなければならないそうです。

People Living in Cages in Hong Kong

<

ケージハウスでは、ねずみ、ゴキブリ、南京虫、しらみがうようよいるそうで、子どもにとって非常に健康に害を及ぼす環境にあります。トイレは20人が1つを使用。

Hong-Kong-Cage-2


それでも月1万5千円で借りられるケージハウスの需要は多いのだそうで、特に中国大陸から来た労働者が香港に大量に流入していて、ケージハウスに住む人の約5分の一は大陸からの新入りの人たちだそうです。ここに集まるのは、ワーキングプア、トイレ掃除のおばさん(香港ではトイレはチップ制)、元受刑者、貧困老人、薬物・アルコール依存症者などだそうです。


ツタンカーメン寝袋 ファラオの寝心地

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook