今日の気になるニュース

動画・画像・ニュース紹介ブログ

アンテナ系ブログ

ナイジェリアの反政府武装勢力「ニジェール・デルタ解放運動(MEND)」のメンバーたち

2009.11.10 17:00 画像歴史・文化 # コメント(-)

ナイジェリア ニジェール・デルタ解放運動(MEND)は、ナイジェリア南部のニジェール・デルタ一帯の分離独立を主張する反政府武装組織のことで、この地域は、世界屈指の石油埋蔵量が確認された1960年代以降、世界各国の企業が競うように油田開発に乗り出し、デルタ地域に居住する住民の多くは、ナイジェリア政府の施策から取り残されるように貧困にあえいでおり、古くから反政府勢力が結成される土壌が形成されていた。

 2000年代に入ると、反政府勢力の矛先はナイジェリア政府だけではなく、石油を掘削(彼らにとっては収奪)する外国資本(石油メジャーなど)にも向けられた。彼らが脅迫や誘拐に対して金銭で応じることが知れ渡ると、単なる金銭目的の組織も加わり、無数の武装勢力が結成されるに至った。その中でも、ニジェール・デルタ解放運動は、最大規模を誇るようになり活発なテロ活動を展開するに至ったという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Lifestyle Magazine with a Vision

Nigerian_petroleum_pirates_1

Nigerian_petroleum_pirates_2

Nigerian_petroleum_pirates_3

Nigerian_petroleum_pirates_5

Nigerian_petroleum_pirates_6

MENDのリーダーの証、金のペンダント
Nigerian_pirates_1

MENDは、2006年頃より、小火器を用いて少人数で石油関係施設(大は海上油田基地、小はガソリンスタンド)を襲撃した上で破壊、頻繁に外国人を誘拐するようになった。
Nigerian_pirates_2

 解放に際しての要求は、政府による拘束者の解放と石油利益の地元還元であるが、前者については目的は達成されず、後者については非公開の交渉過程により内容は明らかにされていない。
Nigerian_pirates_3

 戦闘員は数百人程度と考えられているが、度重なる誘拐による身代金の奪取により、資金は潤沢とされている。ナイジェリア国内では2006年だけでも、ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社や大宇建設(大宇建設社員拉致事件参照)の社員らをはじめとして70人以上が誘拐されており、少なからずニジェール・デルタ解放運動が直接、間接的に関与しているとされる。
oil_pirates_1

oil_pirates_2

oil_pirates_3

oil_pirates_4

oil_pirates_5

oil_pirates_6

 2006年に入ると、石油生産施設への攻撃を予告し、しばしば原油先物市場(WTI先物)に混乱を生じさせてきたが、同年10月4日、ニジェール・デルタ解放運動が石油施設へ本格的な攻撃を行ったこと、また2007年5月8日にはパイプライン輸送路を3本破壊したことがきっかけで原油先物が一時的に高騰。原油価格への悪影響を招く存在として注目を浴びる存在となった。
petroleum_pirates_1

petroleum_pirates_2

昨年10月には、ナイジェリアの裁判所が英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルに対し、ナイジェリアのボニー(Bonny)にあるアフリカ最大とされる石油施設周辺の土地を地元住民に明け渡すよう命じていたことを明らかにしたそうだ。
petroleum_pirates_3
petroleum_pirates_5

MENDと癒着関係にあるOb のキング
petroleum_pirates_6



クローズ×WORSTフラッシュバックジェネレーション 「続・武装の名の下に集う男達」 香月 ゲン ...

この記事を読んだ人はこんな記事に興味があります

000

ザイーガ - TwitterザイーガのRSSザイーガのFacebook